MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



パッケージ版ご購入のお客様は
バージョン1.40にアップデートし
て頂けるようお願い致します。
「アップデータ1.40リンク」


同人ゲーム販売サイト

L I N K







フリーホラーゲーム「らせんの宿」
いやぁ、面白い。
まさか、この歳でちょい泣いてしまうとは・・・
二十代だったら悶絶間違いなし。
だって、アレは反則だ。
子供好きなら尚更ヤバイ。



放置してしまっている同人RPG
実は、ちょっと原因不明のバグが出るようになってしまい、テンション落ちとりました。
バグ発生条件が曖昧というのが厄介で、どうしたもんやら悩んでいるうちに・・・

でも、良作ゲームをプレイしてヤル気が出てきたので、ちと気合を入れたいと存じる。

努力だ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「フルメタル・ジャケット」
ハートマン軍曹をネタにしたら久々に「フルメタル・ジャケット」を見たくなったので、DVDを棚から引っ張り出した。

なんだろう、昔より冒頭の罵詈雑言が面白い。
モラルに厳しい世の中になったからかな?

それに、オープニングの坊主にされる連中の中に4人ぐらい目がうつろな奴がいるんだけれど、これがもんのすげぇ笑える。
これは、全然覚えてなかったんだよなぁ。
それだけにツボった。

古い映画なんで、ちょいちょい設定技術の面で物足りない部分はあるけれど、逆に、今の映画では味わえないような鬼気迫るシーンや演技があるのも面白い。

微笑みデブが徐々に壊れていく過程、そして最期の狂気面。
ベトナム女狙撃兵の最期の苦悶の恐ろしさ。
どちらも、ホラー映画では味わえない恐怖がある。

クリント・イーストウッドやスピルバーグの戦争映画に対する批判には、「戦闘シーンのスタイリッシュさ」みたいなのがあると思うんだけれど、スタンリー・キューブリックが描くこの「フルメタル・ジャケット」には、そういったスタイリッシュ戦闘は一切無い。
にも関わらず、高い評価と人気を誇る。

こういった戦争映画って、今後出ないような気がする。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
牛丼記事
年一ぐらいで定期的に「牛丼は作るとコスパが悪い。店で食うべし」みたいな企業犬ライターの記事がネットに出回るよなぁ。
真に受けちゃいかんよ、若者達。

牛バラスライスと玉ねぎがあれば、牛丼屋より美味くて安全で山盛りの牛丼が家庭で作れる。
カレーやシチューと共にチャレンジした方がいいコスパの良い料理だす。

パスタなんかも、基本はオリーブオイルとベーコンとニンニクがあればいける。
金銭的に余裕があれば、そこに玉ねぎスライスやキノコ類、さらに貝類なんかを足せばリッチな味わいに。

食に興味が無い人はともかく、そうでないなら30歳までに簡単な料理を一通り覚えておくと、おっさんになってからの晩酌人生が非常に豊かになる。

継続は力だ!!
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
暑すぎだろ
一時間ぐらいチャリをこいでるとクラっとしてくる。
ガキの頃、水分補給も無しにこんな炎天下で部活やらをやっていたのが信じられん。
生きてるのが奇跡だ。

で、涼みに入った都内某所の図書館に「ガンダム・センチネル」の本があった事に驚いた。
図書館の選定基準っていったい・・・



M.S.GのジョイントセットBを購入したんだけれど、良デザインのジョイントパーツ群ばかりで素敵。
内容量も十分なので、コスパは高いと思う。
迷わずさっさと購入しておけば良かった。
俺フレームアームズには必須アイテムだ。

そういや、駿河屋さんの通販で久々にフレームアームズ関連がガッツリ値下げのタイムセールやってたんだけれど・・・気付くのが遅かった。
対象アイテムはほぼ売り切れ。
早い。その所業、まさにハイエナかハゲタカの如し。

セールって、店舗販売全盛の頃だって近隣の連中が行列作って待ち構えてたわけで、今は、日本全国の連中がネットを通じてアタックしとるわけだからなぁ・・・そりゃあ、厳しくて当然だよな。

ガッカリだす。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ロシアW杯&ウィンブルドン終了
フランスが勝利した瞬間の「1998年フランスワールドカップ以来、20年ぶりの優勝」ってな解説(詳細不明)にちょっとびっくり。

「そういや、フランスワールドカップってちょうど20年前か・・・」

なんかもう、四十すぎるとこんなんばっか。

にしてもPKの判定。
サッカーの醍醐味はグレーゾーンの多いルールとは言うけれどさ、ハンドに関してはもう少し厳密にした方がいいんじゃね?っていつも思う。
毎試合といってもいいぐらい揉めるじゃん。

あと、乱入してきた奴は棍棒でぶっ叩いていいと思う。
もしくは、選手がフライングエルボー。
本当に腹ただしい。



ウィンブルドン
アンダーソンVSイスナーのビッグサーバー対決も凄かったけど、ナダルVSデル・ポトロは本当にとんでもなかった。ザ・神対決。

話ずれるけど・・・
あんまスポーツを見ない人の偏見に「190cmあたりから愚鈍な巨人」ってなイメージがあるような気がする。
スポーツ漫画なんかでも、190cmを境に敏捷性の乏しいキャラになっていく。
テニスやNBA、今回のW杯のセネガルとかを少しでも見てれば吹き飛ぶ偏見&固定概念だし、日本のBリーグだって、日本人の190cmあたりはめっちゃ動いてる。

アニメや漫画のキャラ設定(特にリアルスポーツ物)、もう少しちゃんとして欲しいなぁと思う。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ウィンブルドン2018
いやぁ、駄目か錦織。
怪我もあったけれど、VSジョコ戦になった時の錦織のミス増&ジョコのパフォアップっていったい・・・

ジョコビッチに対しての相性悪の原因&錦織の弱点を詳しく解説してくれていたサイト記事があったのでリンクを貼ろうと思ったんだけれど・・・履歴探しても見つからん。夢でも見たか?

で、今日は珍しく錦織戦の後にフェデラーvsアンダーソンも見たんだけれど・・・
いやぁ、フェデラーすごい。
素人目にもハッキリと他の選手との違いが分かるというか・・・特に、ミスとかアンフォーストエラーが少ないのが見ていて気持ちがいい。
まさに、史上最強プレイヤーの風格。

なのに・・・

芝のビッグサーバーは強いって本当なんだなぁ。
アンダーソン、神がかってました。
フェデラーのサーブも好調なようだったので、まったく終わる気がしなかった。
いやはや、すんげぇ試合でした。まさに眼福。

んで、この後W杯イングランドVSクロアチア
今日は夕寝出来なかったんで、かなりつらい。
濃い目のコーヒー飲んで頑張ろう。

続きを読む...
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
海外スポーツあるある
ここ一ヶ月の恒例となっている「夕寝」を済ませ、まず、錦織の試合を鑑賞。
利き腕の肘を負傷しながらの粘り強いテニスに興奮&感動しつつ、試合終了後に台所で色々と下ごしらえ。
買っておいた野菜はね揚げをトースターで焼き、ビールを注ぐ陶器グラスを冷凍庫で冷やす。
夕寝前に下作業を終えていたむき枝豆の浅漬けを冷蔵庫から出し・・・
万全の真夜中酌の準備を終えて自室に戻る。

さぁ、フランスxベルギーの一戦が始まる。ワクワクが始まる

で、ネットでテレビ欄を確認したら、明日だった。
フランスxベルギー戦、明日の夜中だった。

ビールの苦さが、まったく美味しく感じられなかったよ、ママ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ロシアワールドカップ3
2点先制してからの逆転負けって・・・予想外&悔しさ倍増だなぁ

2点先行が前半だったならまだしも、後半の20分過ぎだっただけに、残り時間を死守出来なかったのが悔やまれる。

いやぁ・・・返す返すも、口惜しい展開だった。

しかし、決勝Tは名勝負連発だ。
大会終了まで寝不足継続だなぁ。



何度見ても、牛島辰熊と木村政彦の写真は信じられない。
特に、Wikiにも使われている木村の写真。なんだよ18歳って。怖いよ。

共に、あの首の太さがやばいんだよなぁ・・・
絞首刑とか耐え抜きそう。
そういや、そういう三浦友和と百恵ちゃんのドラマあったなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ロシアワールドカップ2&新宿西口
先日の雑記を見た知り合いに怒られちまった。

「開催中に水を指すような知ったかぶりするな!!」

いや、確かにその通りです。
気を悪くされた方、すんません。

しかも、日本代表の奮闘ぶりときたら・・・!!

いやはや、お恥ずかしい。



ロボ模型を始めたら、新宿西口がパラダイスでたまらん。
ヨドバシとか、時間が許すならいくらでも滞在できる。

ちょっと意外だったのが中野ブロードウェイ。
新品模型の専門店が無い事に驚き。
おもちゃ屋さんにちょろっとは置いてるんだけど、先述のヨドバシみたいに専門店&専門フロアー的な感じじゃない。

中野ブロードウェイは中古ブランド時計店の進出が目覚ましいんだけれど・・・模型店、頑張って作ってくれんかなぁ
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ロシアワールドカップ
なんだかんだで、ほとんどの試合を見とるなぁ。
ポルトガルxスペインとアルゼンチンxアイスランドはめっちゃ面白かった。

しかし、日本代表がなぁ・・・

若い人はピンとこないだろうけど、日本代表や日本サッカーがそろそろ人気が低迷するとか実力が停滞するとかは、多くの人がなんとなしには予想がついていた事だと思うんだよなぁ。

だって、日本サッカーの進化って、「Jリーグの起ち上げ成功バブル」と「目指せW杯初出場」の両輪だったんだもん。

Jリーグ創立の経緯、それ以前の日本サッカー界のみじめさ、W杯初出場にかける日本中の情熱、ドーハの悲劇・・・
若いファンや、何より若い選手がこれらを知らないわけだから、当然、熱量は二十年前より低い。

おまけに、年功序列保守的日本のお家芸として、成功した組織はトップの年寄り達が徐々に腐敗し、そして組織も腐敗させはじめる。
これがまさに顕になったのが、今回の代表監督をめぐる騒動で、もう、最悪の図式。

たぶん、この後しばらくは代表の実力は停滞し、日本サッカー自体はちょくちょくスキャンダルやら腐敗やらが表沙汰になるような事が起きて、興行的なピンチが訪れる。
そんな気がしとります。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
WEB版スポルティーバ
自分みたいな中年のおっさんだと、スポルティーバとか廃刊になってしまったVS(バーサス)とかは新興のスポーツメディアってイメージなんだけれど、気付けば創刊から15年以上が過ぎている事に驚き。

一時期、スポルティーバの雰囲気がスポーツゴシップっぽい軽めのノリになったように感じて読むのをやめていたんだけれど、W杯前にサッカー記事をネットで読み漁っていたら、WEB版のスポルティーバの記事が面白いものが多く、ガッツリと読みふけってしまった。

特に面白いのが、ドイツワールドカップ時を振り返る各代表選手のインタビュー。
十数年という時間が経過したからこそなのかもしれないけれど、当時や直後では語られなかった内容が冷静に、客観的に詳しく述べられている。

各インタビューからは、当時、あれだけの選手達が揃っていて機能不全にも見える散々な結果となってしまった理由の一端が垣間見える。
それが、自分の世代にはたまらんと思う。

興味のあるおっさんはぜひ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
老人の物言い
日大の件もそうなんだけれど、ハラスメントの問題に対して「昔と違い、今は駄目」っていう老人たちの物言いが激・気に入らない。

これ、正確な日本語を用いるなら・・・

「昔は、社会全体が未熟で僕たち年寄りも馬鹿だったから平然と行っていたけれど、今は、反省と悔恨をもって正さなければならない」

こうでしょ?

これ、社会的に立場がある老人ほど、クソみたいなプライドだかなんだかの影響かしらんけど、冒頭みたいな「フンッ、俺たち悪くねぇけどな」的な態度を取る。
見ていて腹ただしいのはもちろんなんだけれど、アレが、知的階級層の人生末期の姿かと思うとやるせない。人間って、こんなもんかい・・・ってね。

ほんと、侍だの男気だのという言葉を使いたがる人間や年齢層って、単に自己愛が強いだけの最悪面倒な精神的ナルシストが多くて困るよな・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
テニス・元トップ10ランカー続々復帰
去年、故障による離脱が相次いだトップ10ランカーが続々と復帰している事で、大会序盤戦で強豪同士が衝突するカードが相次いでおり、めちゃくちゃ面白くなっている。
んで、その中で錦織が持ち味の勝負強さを取り戻しており、観ていてたまらん展開になっとる。
今しがた終わったディミトロフ戦も、まぁ、ビールの美味いこと!!

なんか、期待に応えようとするあまりに切羽詰った感がにじみ出ていた2016・2017年あたりなんかよりも、今年は期待出来る気がする。
全米準優勝した時あたりに感じた「楽しむ」「挑戦者」ってな要素が垣間見れるのが観ていて楽しい。

なんとか、マスターズやグランドスラムを取って欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
俺フレームアームズ01
ちょい前に話していた可変型の「俺フレームアームズ」
宇宙戦闘艦形態の仮組み画像ッス



ここから差し替え無しで人型に変形するんだけれど、人型状態での外装がボリューム不足なので、戦闘艦形態に差し支えないようにどうやって外装を増やすのかが現状の課題。
あと、戦闘艦形態で各部保持が甘いというのは遊ぶうえで避けたい。
砲身や翼部以外は、どこを持っても形状が安定しているようにロック機構を充実&工夫せんといかん。
現状でもそれなりに出来てはいるんだけれど、あと数ヶ所、そういった作業が必要。

いやぁ、面白い。
GWまるまる費やしとるよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
DX超合金「YF−19フルセットパック」
いやぁ、高騰続けるVF−19アドバンスの再販ではなく、YF−19をこういった形で販売するとは・・・
上手い、商売が上手いよバンダイさん。流石業界最大手。

以下、公式サイト見た感想。

内容盛りだくさんのフルセットパックは圧巻。
特に、フォールドブースターや腕ミサイルランチャー「対装甲兵装パック」は涎もん。
つーか、どっちも将来的に3Dプリンターで、なんて妄想をしながら頑張ってモデリングしたのに・・・

各所レビューで、アルカディア版に対して劣っているとされていた八ノ字ガウォークの形態も、腿下水平回転を新規追加する事で同等アクションが可能になっているなど、アドバンスユーザーからのツボを押さえたフィードバックが盛り込まれているのが超素敵。

ただ一点、アドバンスでもちょっと物議を醸したアドバンスパック(ファストパック)装着時の主翼根本と下腿部との接合処理、及び画像捏造。
これが、今回のYF−19ではどうなっているのか?
公式サイトの画像だとちょっと判断しにくい。
アドバンスの突起ジョイント丸見え宙ぶらりんが改善されとらんと、批判が出そうな気がするけど、大丈夫なんかな?

しっかし、本当に19に関しては力の入れ具合が・・・
二十年以上経つっていうのに、イサム&YF−19がそんだけ人気がある証拠か。
すんげぇッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「キングスマン ゴールデンサークル」
死ぬなぁ、コミカルに人がどんどん死ぬなぁ
でも、あのキャラだけは殺さんで欲しかった。
映画のキャラで、死なないで欲しいなんて思ったの二十年ぶりぐらいだ。
思わずカントリーロード一緒に歌いそうになっちまった。

にしても、あの娘って一体なんだったんだろう?
ヒロインにもなれず、セクシー要員ですらなく・・・
まさか、前回の最後でアナルを見せてたおばさんが正規ヒロインになってまうなんて・・・
やっぱ、キングスマンは最高だよ。

どうせなら、次回作の冒頭でうさんくせぇ理系女日本人が「万能細胞で蘇らせました」とか言って死んだ仲間を蘇らせてくんねぇかな。
そんなとんでも展開でも、キングスマンなら両手をあげて大歓迎だよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「オリエント急行殺人事件」
年くって脳がひねくれちまったもんだから、探偵が偉そうにしているのがどうにもうけつけられん。「何様なんだお前は」ってなっちまう。
刑事物も同じで、犯人に説教とかしているシーンが出てくるともう駄目だ。

昔は古典ミステリー大好きだったのに、今じゃ真逆になっちまった。



コトブキヤさんの「カスタマイズヘッドA」を購入。
緻密かつ素敵デザインでコスパ大満足。

でも、一番気に入ったモノアイ・クリアフェイスがパーツ群の組合せでは最大サイズのもので、現在製作している可変メカにはちょい大きい。
絶対的に駄目なバランスじゃないんだけれど、個人的にロボは小顔が好きなので・・・

まぁ、製作中のロボは外装がまだまだ未実装な部分が多く、そのあたりのボリュームが増えてくれば、また印象も変わるかもしれん。
がんばろう。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
近況諸々
その前に・・・これ、いい記事でした。
<ドミニカ>少ない「野球肘」 背景に日本と異なる指導法
医師の実績や、表題に関わる詳しい症例や数値が明確になっている点が評価出来ると思います。



フレームアームズの二作目に嵌っとりまして、元々の野望であったプチオリジナルな可変ロボ物の製作にガッツリっております。

マクロス系の精密な薄い戦闘機に可変するのはちょいと厳しいと思ったので、厚みに対しては寛容に、ちょっとゴツめの宇宙戦闘艦に可変するタイプの物を、「ソリッドラプター」と「レイジングブースター」を「フレームアーキテクト」に組み合わせる方向で製作しとります。

近日中に画像をアップ出来たらいいなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ヤフオク 強制後払い
3月1日から改定される規定
いやぁ、出品者目線だとかなり厳しい
なにしろ、「強制後払い」だからなぁ。

社会的マナーを知らない低年齢層に注目されているカテゴリー群とか、クレームの出やすい古着類なんかは発送後のリスクがなぁ・・・いやぁ、本当に怖い。

個人的には、オークションの軸が「個人間の取引」である以上は、「注意していれば気付くリスク」に関しては、主催者側が口を出す必要は無いと思う。

100%安心なオークションなんて無いと思うので、そこを目指すのは「絵に描いた餅」なんじゃないかと。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
フレームアームズ 余りパーツ遊び
酒のつまみに、レイダオとジィダオの余りパーツで遊んでいたら、超自分好みのロボ頭部が出来てしまい、めっさハイテンションに。

この頭部を軸に全身を作りたいんだけれど・・・とにかくデカイ。
全長250mm程度のVF-19アドバンス頭部より二回り以上はデカイので、全長300mm以上じゃないとバランス取れない感じ。

とりあえず、フレームアームズで最大級の「ギガンティックアームズ パワードガーディアン」を購入し、コイツとの兼ね合いを実際に手にとって確かめながら、その後の計画を妄想したい。
超楽しみ。

そういや、フレームアームズの何が面白いって、ランナーがちょうど3mm径なので、ジョイント部分の自作パーツがランナーで簡単に作れる。
今回のドデカ頭部も、最終的にはランナーを利用して微調整を行っている。

同じコトブキヤのアーマードコアなんかに比べると、細部密度・ディテールはやや劣っているように感じるけれど、遊べる度は補って余りある程高い。
マジで楽しいッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ファイブスター物語とかフレームアームズとか
いやぁ、面白いよフレームアームズ
ジィダオとレイダオを購入して組合せ製作しとるんだけれど、すげぇ遊べる。
売りである3mmジョイントがそれなりに肉厚なせいか、かなり頑丈なのが嬉しい。
塗装耐性もあるみたいで(いや、正確には分からんけど)、塗装後の破損も今のところは無し。
値段もお手頃だし、面白いもんみっけたなぁ。
塗装の技術がさっぱり上がらんけれど、それもまた良し。
中年の楽しみが増えたわい。



おっさんになってからロボプラモ製作熱が復活したせいで、過去のロボットアニメ情報なんかをちょいちょい漁ってるんだけれど・・・

やっぱ、ファイブスターのMHはかっこよかったよなぁ。
宇宙皇子と同時上映された映画もかっこよかったしなぁ。

なんて思いを胸に、ファイブスターをググってみたら・・・



??

???

いや、マジでヒットした画像の見方が分からなかった。
なんか、錯覚とか心理系のテスト的な感じ。
あまりに、あまりに記憶の中のMHと違いすぎて、脳が処理出来んかった。

「そういや、長期休載からの復活した際、設定やらなんやら変更が云々って・・・」

ってな事を思い出し、その辺を調べてみたら、いやぁ、もう・・・
愛好家でない自分ですらこの驚きようなのだから、長年待ちわびていた同年代のおっさん達のショックたるや・・・

先鋭的なデザインやストーリーを作ってきた作者さんだからこそ、長期休載の後に過去のデザインを壊したくなったのかもしれんけれど、いやはや・・・

昔、FSSの超愛好家だった知人はどうしているんだろう?
この一連の情報を調べてみた後、十五年ぶりに古い知人の顔を思い出した。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
製作とか諸々
牛歩の如く製作進行中
サボりまくっていた去年よりはマシな状態
頑張らんとなぁ

とか言いつつ、こりもせずに今度はコトブキヤのフレームアームズに興味津々。
なんか、これでオリジナルのVFロボを作れんかなぁ、なんて妄想しとります。

フレームアーキテクトの設計が見事で素晴らしいんだけれど、どうせならこれの高級版でメタルフレームアーキテクトとか作ってくれんかなぁ。
DX超合金の合金部分を汎用性高めて・・・みたいな。
そんで、外殻パーツは樹脂でオリジナルメイドを・・・ってなシリーズが出たら、おっさんホイホイ無双な気がする。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
クリストファー・ノーラン
ダンケルクを観たんだけれど・・・駄目だ、俺にはどうしてもこの監督の良さが分からない。
インソムニア、プレステージ、インセプション、インターステラー・・・
こんだけ観て合わないんだから、もう駄目なんだろう。



ミステリークロック

なんと・・・変な話だけれど、収録作4話中の2つは既にドラマ化されているとの事と。
かなり長期に渡って雑誌掲載されていたものを纏めたものなので、こういった妙な時系列になった模様。

となると、新シリーズは厳しいかなぁ。
新エピソードが2つじゃなぁ・・・

残念。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
小説「防犯探偵・榎本シリーズ」
貴志祐介さんの防犯探偵・榎本シリーズの新作「ミステリークロック」が昨年10月に発売されていたのに今更気づいた。
これから買って読むのが楽しみなんだけれど、2012年にドラマ化されたシリーズの続編が作られるかもってな楽しみも。

あのドラマ、大野智の榎本がものすげぇハマっていたので、めっちゃ面白かった。
佐藤浩市さんや戸田恵梨香とのコント的なシーンもツボだったなぁ。
今でも録画を残していて、定期的に見てる。

そういや、大野智がライブで見せるソロが昔から好きで、初期のRainやらTop Secretなんかも随分とリピートしたんだけれど、2015年に見せた「暁」の中毒度が過去マックスで相当ヤバイ。
その前の「Hit The Floor」もかなりツボったけれど、「暁」はそれを超えた。
一日一回は見ないと気がすまない感じ。

面白いよなぁ、大野智。
あんなに多才だと、人生楽しいだろうなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画「彼方のアストラ」
大団円だったなぁ
もうね、全要素が面白かったけど、SFミステリー部分の引力といったら!!
連載中、隔週の土曜日が本当に待ち遠しかった。

連載終了後にジャンプやヤンジャンで再掲載するって手はないんかな?
こういった作品こそ、多くの人に見てもらうべきだと思うんだけれど・・・



例のVF-31
カラーリング的にはガチで気に入っていて、本当に素晴らしい。
先だってこのカラーを公開してくれた元モデラーさんには感謝。

金があれば、DX超合金をこのカラーにしちまうっていう手も・・・
いやぁ、解体が必要になるんだろうけど、ビビって出来ないだろうなぁ。


  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
新年のご挨拶
昨年中はお世話になりました。
いや、ほんと、肝心の制作物が全然進まない年だったので・・・

花粉症を理由にサボっていたらサボりグセがつき、その後はVF-19 ADVANCEの3Dモデリングにはまり・・・ってな流れが良くなかったな。
反省せんと・・・

本年も辺境製作サイトを宜しくです。



先日のVF-31プラモ作りを総括したどうでもいい長い雑記です。スルー推奨。



久々にプラモ作りをしていて、ガキの頃にプラモ作りから遠ざかってしまった原因をハッキリ思い出した。

ザ・壊れるから。これに尽きる

控えめに言っても「せっかち」「落ち着きがない」ってな性格で、もっと言えば「馬鹿」だったので、時間をかけて作ったものを飾ってじっくり眺めるって事で満足出来る性格じゃなかったんですわ。

こう、作ったものを机の上にもってきて、色々妄想しつつ、ニヤニヤしつつ、ガンガンいじくり回してしまう性格だった。
調子が良ければ、小一時間ぐらい。

で、最終的には妄想の中でRX-78がゲルググに撃たれたりすると、裁縫針をライターで炙ってシールドやらなんやらを貫いてしまうっていうね。馬鹿でしょ?

でも、「壊れる」っていうのはそういう事ではなくて・・・
そういう妄想馬鹿の一番キライな状況っていうのがね、自分の意図しないハプニングで、ガンガンいじってるうちに関節が「ポキッ」とかね、そういう事なんですよ。

例えるなら、アニメのバトルシーンが途中で終了してしまうみたいな。分かる?

でも、そんな感じでいりじまわしていたら、繊細なプラモが壊れないわけがない。
当然、ガンガンお陀仏ってしまう。
なので、中学生ぐらいの時に「金がいくらあっても足りん」みたいな感じで辞めた事を思い出した。
多分、最後に作ったのはSガンダムだったと思う。

どうもね、今回のVF-31を作っていても、楽しいながらもちょっとモヤモヤしたものを感じていたのは、この辺の馬鹿的性格が原因だと思う。
ようは、作り終わった後にガンガン遊べるかどうかを作りながらも考えとるんですわ。
で、このVF-31とかを見てるとね、明らかに遊べる作りではない(メーカーさんすみません)。
今回の塗装ミスによる破損を抜きにしても、各関節や繋ぎ部分がめちゃ繊細で、妄想馬鹿の一人遊びに耐えられる強度が無い。
特に、変形時に「ロック」や「伸縮」といった動作を行う箇所に関しては、強度的にいったい何回行えるんだろう・・・ってな感じ。

作ってて楽しかったけれど、制作後の楽しみが味わえないってなると、DX超合金を買ってしまった方がいいような気がする。
設計サイズを逆転して、プラモを1/48ってなぐらい大型化し、関節部の強度をあげてくれれば、プラモを買うメリットはあると思う。
そんなサイズの変形マクロスプラモを出してくれるなら、ぜひ買いたいッス。

しかし、VF-25以降のVFは腰部のくびれが半端ないな・・・
可変戦闘機って妄想の極みだから、あんまアレコレ言うのは野暮なんだろうけど、あそこまで細いとちょっと冷めてしまうものがあるな・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
VF-31S アラド・メルダース機製作 強制終了
無理無理

序盤にうすめ剤を使用してしまったABSパーツが立て続けに破損しまくり、完全に心が折れた。
予備パーツを塗装せずに組み込ませ、製作スピード三倍化させて無理やり完成。



カイロスよりも黒めで、特殊部隊っぽい感じにしてみた。
腕の細さとか、差し替えしなきゃならんパーツが多いところがちょいとアレだけれども、結構気にいっている。

ABS塗装対策をもうちょい勉強したら、もう一台作ってみてぇなぁ・・・
なんて思いつつも、だったら超合金買えってな気がしないでもない。
どうしたもんやら・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
VF-31S アラド・メルダース機製作 経過01
やっちまった・・・

どうも、破損が多いと思ったら、ABS樹脂パーツに対しての塗装が原因だった。
正確には、塗装そのものではなく希釈剤(うすめ液))。
これ、やっちゃいけないのね・・・

下地剤を使用すればいけるらしいのだけれど・・・
ヤバイ、ちょっとテンションが・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
VF-31S アラド・メルダース機製作 序盤
う〜ん、案の定、既に破損二カ所。
各部の軸がかなりヤバイ。
軸経最小が1mmなんだけれど、このサイズの部品がそこそこある。
んで、これに塗装が少しでも流れこんでしまうと、繋ぎとなるC型軸の破損の可能性がかなりアップ。というか、ほぼ割れる。
軸には絶対、塗装を流しちゃ駄目なんだな・・・

それにしてもまぁ、すんげぇ楽しい。
事前に予備を購入していたとはいえ、破損があってもやる気が維持出来ているのは、自分でもかなり驚き。
それぐらい、面白い。
なんとか、完成までこぎつけたいもんだ。

でもこれ・・・本当に変形させられるのか?
超怖いんだけど・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
1/72 BANDAI VF-31S アラド・メルダース機
先日の記事で製作予定だと言っていた
「1/72 BANDAI VF-31S アラド・メルダース機」
中古屋2店舗で共に2700円とお安かったので、2機ほど購入。
なんせ、激久々のプラモ作りに加えて、元来のせっかち気質プラス老化による目の衰え。
失敗&破損の確立はすげぇ高い。なので、2機購入。
俺、自分の事は分かってるよ。

これだと、頑張ってDX超合金買った方がイイ気もするが、ネットで見たカイロスっぽいカラーリングがめちゃカッコよかったのと、久々にプラモを作りたい欲が止まらんのでこっちを選択。
後悔&挫折は視野に入っとります。
俺、自分の事は分かってるよ。

アラド・メルダース機を選んだのは、お顔が一番気に入ったのと、人気薄で安かったから。
正直デルタは観ていないので、こだわりのキャラとか機種は無かった。
なので、上記のような薄っぺらな理由でアラド機購入。
デルタファンや関係各位に申し訳ない気持ちがあったりなかったり。すんません。

年末年始はこれに没頭予定。楽しみだわい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
塗装とかなんとか
いや、ちと時代をリアルに感じる出来事が。

自分のガキの頃って、ガンプラ作りまくってた事は確かなんだけれど、所謂「素組み」までで、塗装は全然やらんかった。
まわりの友人達もそこまではやってなかったので、塗装の技術を持っとる人間がいなかったんですわ。
そのかわり、親が職人系だったので工具は豊富で、バリを綺麗にするとか、繋ぎをパテで埋めるとかは凝ってた記憶がある。

んで、久々にプラモ作りをやるにあたって、塗装のやり方なんかを調べたんだけれど・・・
YouTubeの動画ですんげぇ分かりやすく初心者向けに解説されていたのが、ガッツリローティーン。
多分、中学生だと思うんだけれど、下手すりゃ小学6年生とか、そんな感じ。

いやぁ、ネット動画で塗装法を調べられるってだけでも「便利な世の中じゃのぉ」ってな感慨を抱くのに十分なのに、そのネット動画を投稿しているのがローティーン。
面白い時代だよなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
永福町 模型店「OKKO」閉店
閉店セールの張り紙がされていたので、数十年ぶりに店に入ってみた。

店のおかみさんが「いらっしゃいませ〜」といった昭和の感じ漂う暖かさで店の奥から出てこられ、ちょろっとだけ談話を。

数年前にご主人に先立たれ、昨今の品数爆増の模型事情にもなかなかついていけず、店を閉める事にされたとの事。

ガキの頃にお世話になった旨を伝え、その御礼ではないけれど、塗料を何点か買わせて頂きました(ちょうど、VF-31アラド機をカイロスカラーで作ろうとしていたので)。

現在、カラースプレーや塗料、工具類といった物は対象外だけれど、模型に限っては50%OFFにて閉店セールをされております。
フリーダムガンダムのMGエクストラフィニッシュとかもあった。
近場で気になった方はぜひ。

いやぁ、これで、子供の頃からのおもちゃ屋さんが全て姿を消してしまう。
高円寺のトイメート、ぼーや
方南町のニコニコ
そして、永福町のOKKO
当時は、チャリでダチと店を回るのがすげぇ楽しかった。
駄菓子あり、ミニ四駆のコースあり、対戦型テレビゲームあり、景品手打ちパチンコあり、何より、店のおっさんがプラモの作り方を教えてくれたり。
・・・寂しい限りです。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
グランディア & ルナ & ルナ2
一ヶ月ぐらい前から家中が風邪をひき、治っても誰かのをもらい、もらっては誰かにうつすという無限ループに嵌っております。
東京は先週から一気に寒くなったので、本当にキツイ・・・



ゲーム制作が行き詰まっておるので、初心に帰る意味で心の原点である三作品をプレイ。
グランディア
ルナ・シルバースター
ルナ2・エターナルブルー

いやぁ、やっぱ名作でした。
ビバ・ジュブナイル
ビバ・ボーイ・ミーツ・ガール

このパワーを、なんとかミーのブレインにも!!
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画「Baby Steps」振り返って
「このままやり続ければ・・・きっと届く」

全日本選手権の浅野戦からタクマ戦を振り返ると、最後の台詞の重みが本当に心に響くなぁ。
この間、タクマやナツといった主要キャラは勿論なんだけれど、脇役ややられキャラにまで名台詞が凝縮されとる。
個人的には、この間がBaby Stepsのクライマックスだったんじゃないかと。

繰り返しになるけれど、少し時間をおいてでも、青年誌で続編を描いて欲しい。
切に願うッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
写真 空とか忍者鳥部隊とか
何匹いるのかすら分からん。高倍率すげー


心のBGMは小田和正さんの「東京の空」

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
デジカメ「Nikon B700」
長年愛用していた「DiMAGE G600」がとうとうご臨終されたので、代わりのデジカメをと思って色々調べたんだけれど・・・

いやぁ、流行りの超高倍率ズームコンデジがすげぇ面白い。
つーかお値段がありえん。
2万円で光学50倍ズームの1600万画素って・・・十何年ぶりにデジカメを買おうとしているおっさんからすると、ブラックテクノロジーとかウィスパードとかドラえもんとか、そういうSF要素が無いとありえん。ちょっと浦島太郎気分。
マジでびびった。

んで、色々迷った結果NikonのB700を購入。
某ネット通販で中古がすんげぇ安かったので博打で購入したら、新品同然の大当たりだった。ヒャッフー。

もうね、川原で鳥を撮影しているおじいちゃんの楽しさがしみじみ理解出来たよ。
たまらん。楽しすぎる、高倍率ズーム。

かなり遊べるなぁ。昼間に公園に行きたくなるとか、十数年ぶりの感覚だ。
不審者扱いで通報されないように気をつけて遊ばないとな。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
訃報 ロイ・ハラディ氏
松井秀喜氏がヤンキース所属時に名勝負を繰り広げたロイ・ハラディ氏が、自身の操縦する飛行機の事故により亡くなられたとの事。

記事を目にした時、本当に驚きました。
自分より若く、まだ40歳なんですよね。
若い方の事故は痛ましい・・・

心よりお悔やみ申し上げます。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画「Baby Steps」最終回
10年で47巻って、ほぼ休みなく描かれてたんだなぁ
いやぁ、凄い。

終わり方に色々な意見があるようだけれど、個人的にはかなり感動した。

「このままやり続ければ・・・きっと届く」

この最後の台詞に、Baby Stepsの今までが凝縮されていたと思う。

あらゆる事が多様化され、選択肢が多すぎて決断が難しい現代だからこそ、一つの事をやり続けるのが難しいんじゃないかと思う。
Baby Stepsの醍醐味は、丸尾を通じてそこを徹底的に細かく描いてくれた事じゃないかと思う。

次回作云々っていう文言が出ていたし、連載終了の段階でアナウンスが無いとなると、二期の可能性は小さいような気がするけど・・・
もしやるなら、スピリッツとかでちょい年齢層高めの内容にして欲しい。
少年誌だと、ちょっと表現に限界があると思う。

ともあれ、今まで楽しませてくれて多謝であります。

11/4 追記訂正
スピリッツじゃないよな・・・小学館じゃねぇか。
でも、ヤンマガっていう作風でも無い気が・・・
月刊アフタヌーンとか作風的には良さげ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
諸々と2
日ハムの引きつえぇ!!
大谷が渡米濃厚な中でこのクジ運・・・神がかり的だ。



やっべぇッス。
VF-19ADVANCE購入以降、ロボ大人買いグセが付きはじめとる。
今回、ロボット魂のアーバレスト(ラムダドライバ版)とレーバテイン、レーバテイン用XLー3ブースター最終決戦仕様の3点をまとめ買い。
ゲーム制作行き詰まりストレスの影響もあるんだろうけど・・・自重せんとなぁ。


  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
諸々と
YF-29イサム機、結局売ってもうた。
いやぁ、どうしても先に購入したVF-19ADVACEのクオリティと比較してしまうと・・・
関節構造、造形品質、塗装品質、全部が別モンレベルだからなぁ。

ぜひ、VF-19やVF-31のクオリティでYF-29イサム機をリニューアルしてもらいたい。



昔の角川映画、石坂浩二さんの金田一シリーズとか「この子の七つのお祝いに」とかを何本か観直したんだけれど・・・
映像とか雰囲気はすげぇいいんだけれど、バブル期の映画やドラマ特有のノリの軽いバンド音楽がもう・・・
めっちゃ怖い日本人形の映像のバックで「ぽよん、ぽよん、ぽよよ〜ん」ってな間の抜けた音楽が流れはじめると、肩のシャツが漫画みてぇにズリ落ちた錯覚に襲われる。
ホント、台無しってこういう事を言うんだなぁ、ってね。



「この世界の片隅に」

原作漫画やサントラも買っちまった。
いやぁ、どっちも最高です。
アニメの素敵絵って、そもそも原作の絵がすんげぇんですな。
勝手な思い込みで、かなりのアレンジがされてるもんだと思ったんだけれど・・・
むしろ、溢れんばかりの原作愛とか原作敬意によって忠実に原作素敵絵を再現しとる感じ。
いやぁ、原作者のこうの史代さん、恐るべしです。
他の漫画もぜひ見てみたい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
動画「彼女と彼女の猫」
映画「キングスマン」のアーノルド教授ってルーク・スカイウォーカーで有名なマーク・ハミルかよ!!
何度も観てる映画なのに、全然分からんかった・・・

いやぁ、年月って残酷



久々に新海誠さんの「彼女と彼女の猫」を観た。


新海誠さん作品はこれが一番好き。次いで「ほしのこえ」。
自分自身がLightWaveをいじりはじめた頃に観た作品で・・・

「うおぉ!!個人制作でここまでLightWaveって活用出来るのかよ!!」

って感動したのを覚えてる。
3D制作頑張り時期に力を貰えた作品のひとつ。

あと、新海さんがすげぇイケボ。惚れそうになる。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「この世界の片隅に」
久々に映画で泣いた気がする。
今後、毎年8月にはこの映画を観ようかな・・・と。

一部、「戦争に対する大衆の責任が描かれていない」という批判もあるようだけれど、どうなんだろう・・・それは、それを描きたい人がそういった映画を作ればいいような気もするし、個人的には、物語終盤のすずの心情描写はそれを表しているのではないかとも思うし・・・難しい。

作品を観て感動した直後にそういった批判を一概に否定出来ないのは、今の右傾化が進みつつある世間の空気に怖さを感じているからかもしれない。
「大衆の責任」って言葉の重みが、今の時勢だとひしひしと感じる。

ともあれ・・・作品を作られた方々に感謝です。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ブレードランナー ブラックアウト 2022
す、すげぇッス
名作「ブレードランナー」の続編である「ブレードランナー 2049」公開に先駆けて、本編制作側が三つの短編映像を別途クリエイターに制作依頼、そのうちの一つが、カウボーイビバップなどで知られる渡辺信一郎監督にされたとの事。
既に、YouTubeにて動画が無料配信されとるんですが・・・超・絶・クオリティ!!
半端ねぇッス。

たぶんこれ、少なくとも100回は観るだろうな。

しっかし、これが無料配信・・・
とんでもねぇ
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
アドバンスパック改造
VF-19のアドバンスパックなんだけれど・・・
肩部根本のユニットに関しては、アルカディアYF-19用にT-REXさんが造っているパーツの方がカッコイイ。
VF-19アドバンスの物に比べてやや大きめでゴツく、存在感たっぷり。
何より、開閉可能で中にミサイルが詰まっているというフィーバーっぷり。超イカス。

で・・・
これを、3Dプリンターの出力サービスを利用して作れんものかと考えとります。
せっかく3Dスキルがあるんだし、デザイン土台となるアドバンスパックもあるんだしって事で、ちょっと楽しみつつ挑戦してみようかと。
なんか、久々に楽しいモデリングが出来そうでワクワクしとります。
いいゴールデンウィークになりそうだぜぇ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
銃剣道って・・・
銃剣道が中学校の武道要領に追加って・・・マジか?
最初に記事を見た時は「柔剣道」の誤植だと思った。
もしくは、誤植を元に右寄り政権に対する皮肉ネタとして盛り上がってるのかと思ったら、そうじゃない。マジだった。

なんかすげぇ。
これを怖いと思ってる俺が狂っているのか、それとも今の風潮が狂っているのか・・・もう分からん。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
マスターチーフ骨折
我が家のnecaの巨大マスターチーフですが、前々からなんか態勢がおかしいなぁ、なんて思っていたら、自重があまりに重いため、左足の膝から下が外側に開く形で曲がってしまっていた。骨折ですよ、骨折。

んで、パニクって急な処置を施すと南無ってしまうのは火を見るより明らかなので、曲がったのと同じ要領でじっくり元の状態に治してやる事にした。
その状態画像。


完全に応急手当を受けた負傷兵。
股間のサイバー化されたイチモツがナイス。

早く良くなってくれ、チーフ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
花粉症2017
ピークっぽい感じになってきたなぁ。
もうね、制作なんて無理無理。
家に帰ってきても、頭ダルダルで眠気全開。
ただでさえ、制作が終盤に差し掛かってシナリオもシステムも把握しておかなきゃならん事が沢山あるのに、そんなの頭回る訳がない。

やれもしないのに「それでも制作進めなきゃ」なんて意気込んでいると、結果的にストレスにしかならんので、3月いっぱいはボーッと過ごす事に決めた。
VF-19とかいじったり、映画やら面白動画を見て過ごすッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
VF-19 修正画像
腰と脚の付け根部分を繋いでいる可動部ギミックを理解しておらず、前回の写真だとバトロイド形態の脚位置がちょいとおかしい状態になっとりました。
メーカーさんと、VF-19の名誉の為に写真リトライ。
ゴメンよVF-19!!


しっかし、いくらいじってても飽きないなぁ、コレ。たまらんよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
VF-19がやってきたよ
いやぁ、凄い。どの形態でも、どのポーズでもカッコイイ。
ガウォークは超ツボ。

でも・・・可動部分は、動かすのがかなり怖い。
特に、主翼のロック構造は外すのにちょいとコツがいる為、理解するまではなかなか苦労する。
それに、でかい部品の根本に軸がある為、下手な力の加え方をするとテコの原理でポッキリいってしまうのが見るからに明らか。恐ろしい・・・

しかし、このクオリティは本当に凄い。
ウェルカムVF-19。マスターチーフ共々よろしくだ。


  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
マクロス VF-19
バンダイのVF-19アドバンスを買ってもうた。
届くのがすんげぇ楽しみ。
フォールドブースターも欲しいんだけれど、どうしよう?

んで、アルカディアYF-19も買ってしまいそうな自分が怖い。

それにしても、やっぱ劇場版マクロスプラスのYF-21戦闘シーンは凄い。
最初に観た時も鳥肌ものだったけれど、今観ても激・感動。
あの戦闘シーンで、ガルドへの評価が一瞬にして反転する。
作り手の「魂」って、あぁいう部分の事を言うんだろうなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
マクロスプラスとかおもちゃ屋
バンダイのVF-19 ADVANCEかアルカディアのYF-19が超欲しい。
たぶん、止まらん。止められる自信が無い。

久々にマクロスプラス見た後、「完全変形のプラモとかあるのかなぁ〜」なんてニコニコしつつ検索したのがヤバかった。

何なの、この二大超合金?漏れそうなんですけど。

流石に、値段が値段なので、一時的には大人の理性が働いて「こりゃないわ」なんて思ったんだけれど、その後もちょくちょく各サイトの画像を覗き見しているうちに、ハァハァが止まらなくなってしまった。

この手のアイテムは、巨大マスターチーフで最後にしようと思っていたんだけれど・・・マジで、どうしたものか。

そういや、町のおもちゃ屋ってほぼ壊滅状態だって事に気付いた。
書店の厳しさはしょちゅうメディアで取り上げられているけれど、おもちゃ屋って全然クローズアップされとらん気がする。
高円寺とか方南町のおもちゃ屋って、中学生ぐらいの時はしょっちゅう入り浸っていた気がするんだけれど・・・これも、時代なんだろうな。寂しいかぎり。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
特殊フラグ「身代わり」の諸々・・・
いやぁ、「身代わり」機能は複雑っす。
こんなに、自分の思い通りの挙動にするのに手間がかかるとは・・・
というか、自分の想定が甘すぎて、事前に問題点を洗い出せていなかったのが痛い。
ツクマテさんで多くのツクラーさんのお世話になりつつ、スクリプターさんの公開スクリプトにお世話になりつつ、テストプレイをしながら二ヶ月ぐらいかかってようやく思い通りの挙動が完成しやした。
いやぁ、おせわになった人達に大感謝です。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
全豪オープン
いや、さすがにこれは一言書きたい

凄い、凄いよ
復活をかける二人のレジェンドがグランドスラムの決勝まで勝ち上がる事も凄い。
その二人が期待通りどころか、それを上回る熱戦を繰り広げる事も凄い。

なんだろう・・・絶対、運命だとか神がどうとか陳腐な事は言いたく無いんだけれど・・・
こういう試合、大会を見てしまうと、それを信じてしまいたくなる。

いやはや、この試合を見れた事を幸せに思う。
最高の4時間だった。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
明けましておめでとうございます
新年早々PCモニターがブラックアウトして肝が冷えました。
結果的に、単なるモニター電源の接触不良だったので一安心だけれども・・・勘弁して欲しいッス。

しっかし一年が早いなぁ・・・
そろそろ、花粉症の季節が来るかと思うと憂鬱だ。
いまのうちに、制作がんばらんとなぁ。

なんとか、早めに体験版を出したいです。
今年も一年宜しくお願い致します。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ババ・バンガの予言
今、昔の島田秀平さんがゲスト回のバナナムーンを聞いててゾクッとしたんだけれど・・・
放送で取り上げられているババ・バンガの予言の中で「オバマ大統領が最後のアメリカ大統領」ってな事を言っとるんですよ。
これ・・・今の状況を考えると・・・

久々にちょっと怖かった。
M的ラッキー。

雑記が多すぎるとか反省したそばから・・・

一応、制作話も
テンションが上がらなかったバトラーモデリングだけれど、だんだん勘を取り戻してきたら面白くなってきた。
久々にガッツリ作っている大物バトラー


やっとこさデザインベースが納得出来たので、これをブラッシュアップしていこうと思う。
いやぁ、ここまで長かった。
頑張りゃなんとかなるもんだ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「ベルリン・オブ・ザ・デッド」
低予算映画のゾンビ物なんだけれど、すげぇ良く出来てる。
アクションや緊迫感は今ひとつなんだけれど、他はすんばらしい。
特に、静けさ漂うラストは低予算ゾンビ物の枠を超えて感動。

なんで、ホラー物の低予算って出来のいいのが多いんだろう?
日本も、リングや呪怨は元々マイナーな低予算物だしなぁ。
監督とか、メインの制作陣の映画熱とか技術度が違うんかな?

ちと話はズレるけど、呪怨もリングもそろそろ初代から二十年が経とうとしている事に驚き。
そろそろ、新たなアイディアのホラーが出てきそうな年月ではある。
また、ゾクゾクするようなホラーを見たいッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
こち亀感謝祭
連休中、世代的にはこち亀感謝祭をやっておかねばなるまいと思い至り、ブックオフで全巻まとめ買いをしてやろうとチャリを走らせたんだけれど、皆考えることは同じなようで、全然こち亀が売ってない。
しかも、ようやく見つけたと思ったら五万オーバーしとった。
少し前まではちょくちょく見かける上に一巻当たり100円計算だったのに・・・
まさにこち亀バブル。
結局、単巻で置いてる数冊を立ち読みするだけで祭が終わった。

それにしても、100巻時点で20年前というのが凄い。
その頃の自分は社会人になって数年という時期で、パソコンの自作をし始める直前の頃。
こち亀のパソコン系話でも、メモリー8メガとかHDD2ギガとかが出とるんだけれど、確かに自分も職場ビルのゴミ置き場からパソコンを拾い集めて同じようなスペックのパソコンを作っていた。
パソコンのお師匠さん的な職場の先輩おじいさんがまさに両さんみたいな人で、「おぉ、これは486の66MHzだからラッキーだよ」なんて教えてくれたりしたのを思い出し、すんげぇ懐かし面白い。

少ししたらバブルも治まり、全巻セットが二万ちょいぐらいで買えるかもしれない。
そしたら大人買いしようと思う(秋本治先生ごめんなさい)。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
テニス全米オープン
スゲェなぁ、超名勝負じゃねぇか。
観客の声援が半端無かった。

しっかし四時間半って・・・
よくまぁ、体力戻せるよなぁ
テニスは凄まじい。

つーか、自分も睡眠時間が・・・
しかも、興奮して眠気無いし。
年齢が年齢だけに、徹夜だとキツイんだよな。どうすんだよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
「麦とホップ 秋の香り麦」&ローマン・ゴンサレス
これ美味い。
今まで飲んだ発泡酒の中ではダントツ一番美味い。

発泡酒にありがちなドライビール的な「薄さ」とか「後味の軽さ」といったものが無く、コクとかドッシリ感が飲みごたえに含まれていてすげぇ美味い。

近くのスーパーで500ml缶が特売中なので、ごっそり買い溜めておこうと思う。

最近、この酒と茂蔵の刺し身コンニャクを半日醤油漬けにしたものを肴にするのが日課になっとる。
発泡酒+刺身こんにゃくのコンボで200円ちょいは涙が止まらん。
ビバ・下流庶民

--------------------------------------------------

井上尚弥陣営がローマン・ゴンサレス戦を視野に入れているとのこと

「えぇ〜、どうせ軽量級でしょ?」なんて事を思っている人達は、ローマン・ゴンサレスをぜひ見て欲しい。
パウンド・フォー・パウンドでもランキングされ、その実力は確か、というよりは・・・まさに怪物です。
新井田豊から王座を奪った試合で初めて姿を目にしたんだけれど、ものすげぇインパクトだった。
漫画バリの超高速フットワークでサークリングする新井田を軽量級ではありえない打撃音のフックの再三足止めしてダメージを負わせていく姿は鳥肌ものだった。

あれ以来、18戦無敗だったレコードを45戦無敗(38KO)という冗談みたいな数字に伸ばしているゴンサレス。
天才井上でも分が悪いと思える・・・からこそ、実現すれば超ワクワク。
マネージメント陣営、頑張って欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
こち亀連載終了・・・
マジかぁ・・・

とうとう、ジャンプ最後の「青年漫画」が終わりを迎えてしまう。
寂しいっすなぁ

まだ、漫画雑誌の創刊数が少なく、漫画の区分けというものが曖昧だった頃なんかは、少年漫画雑誌の中にも「大人の世界」が広がっていたんだよなぁ。
多くの子供達を「背伸び」させていたのは、映画や小説ではなくて漫画だったように思う。
最近は、「背伸び」って昔の文化になっちまったような気がして寂しい。

秋本先生、長年楽しませてくれて有難うございました!!
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
錦織 銅メダル
いやぁ、すんげぇ試合だった。いいもん見れたよ。
少しのんびりして、メダルの余韻に浸った後に次の大会を・・・って思ったら、もうマスターズが始まっとる・・・
テニス、過酷すぎだろう・・・

内容はサッカーと遜色無いかそれ以上にキツイと思うんだけれど、日程はサッカーの比じゃないもんな・・・
ATP、あんまりがめつくやらんで出場条件緩めろよ・・・

--------------------------------------------------

制作、重要局面のイベント制作にかかったので、すんげぇテンション高めに楽しんで作っております。みなぎるぜぇ〜
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
リオ 錦織
今年のモンフィス戦はなんなんだろうなぁ
名勝負製造機になっとるよ。

最後のサーブ、ルーティンの段階から明らかに錦織が震えていたのがすげぇ印象的で・・・いやはや、言葉がみつからんッス。

激戦のダメージはあるだろうけれど、なんとか頑張って欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ヤフオク
とかく嫌な思いをする事の方が多いネットオークションだけれども、中には昔のフリマ的な良さを感じさせてくれる取引相手さんもいらっしゃる時があり、そういった方とのほっこりとしたやり取りを経た後の酒はすこぶる旨いッス。

100円の本をすんげぇ丁寧に梱包してくれた上に「この度は有難うございました」なんて超達筆の直筆付箋が添付されていたら、そりゃあ即落ちですわい。

もう何年もフリマとか行ってないけど、どうなってるんだろう?
久々に行ってみるかなぁ・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
お化けじゃなくて実は・・・
幽霊屋敷物かと思わせておいて、実は精神的にアレな実際の人間が壁の間やら天井裏やらに隠れてひっそり生活してたっていう設定・・・もう、飽々だわいっ!!

昔もヒット作の設定を真似た映画って多かったけど、大抵はB級映画なのでパッケージを見れば区別はついた。
だけれど、最近はそれなりに中身も宣材もしっかりしているから質が悪い。

オチが一緒だと気付いてしまった時のガッカリ感といったらもう・・・

--------------------------------------------------

錦織、無念の負傷による棄権。
去年の悪夢再び。
去年は、ここから年末に向けてどんどん調子が落ちていったけど・・・
そこは、なんとか再現せんように頑張って欲しい。

とは言っても、負傷具合なんて本人の頑張りじゃなんともならんしなぁ・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
全仏終了
ジョコビッチつえぇ〜

トップ選手の中ではアンディ・マレーが好きなんで応援していたし、前回の対戦で勝ってる上に調子が良さそうだから期待していたんだけれど・・・逆に、生涯グランドスラムを献上する結果になってもうた。

ジョコビッチを見てると、改めてフィジカルってなんだって考えさせられる。
188cm80kg、あの線の細さであれだけのパフォーマンスが出せるってなぁ。
守備範囲の広さを柔軟性をベースにした技術でカヴァーするのは分かるけど、あの鋭いカウンターをあのフィジカルで繰り出せるって凄い。

プロ編に突入した現在のベビステでは、ジョコに該当する選手って出てきてないんだよな。
作品中の世界一位レヴィナ・マックスは、出身こそスイスだけれどプレースタイルはナダルっぽい感じだし、ジョコの革命的なスタイルをベビステではどう扱うのか・・・気になる。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画「さよならフットボール・新装版」
へへへへ、以前にも持っていたんだけれど、親戚の子供に挙げてしまったので買ってやった。新装版出てたんで、買ってやった。


まさか続編が始まるなんて思ってもいなかったもんなぁ。
少年漫画買うのが恥ずかしい年齢になってきとるけど、テンション高めのホクホク顔で買っちまったよ。

あらためて読むと、2巻の涙腺破壊力がはんっぱねぇ。
年のせいかなんか知らんが、登場キャラ全員の幼少期エピソードがいちいち涙腺ぶっ壊すので、全然先に進まない。
ティッシュ・1コマ・ティッシュ・1ページ
ティッシュ・ティッシュ・1コマ
終始、こんな感じ。

ほんっと、新作の期待度大だなぁ。

--------------------------------------------------

今年に入ってからの錦織の安定感がすげぇなー。
精神的に、随分と大人になった感じ。

スポーツ中継を見てて思うんだけれど、映画やドラマなんかよりも、スポーツ中継こそ3D需要がでかいんじゃないかと。

テニスの中継は、定番のあのアングルだとボールの高低が分かり難い。
野球でもバッターが打った瞬間なんかはフライか大当たりかが分かり難いんだけれど、テニスの高低って、ラリーの流れを楽しむとか理解する上ですげぇ重要だから、なんとかアレをもっと視覚的に分かりやすいようにして欲しい。

しっかし、あらためてマスターズとグランドスラムを取るにはビッグ4の壁がでかい。でかすぎる。
14年の全米は、千載一遇のチャンスだったんだなぁ。
錦織の安定感が増してビッグ4との対戦機会が増えた事で、そのへんはヒシヒシと感じるようになった。
いやはや、頑張って欲しいッス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
テニス マイアミオープン
いやぁ、すげぇ試合だったなぁ
両者に拍手を送りたい。

体力を振り絞ってスーパープレイと鉄壁のディフェンスを連発したモンフィスも、冷静さを失わずに集中し続けて終盤のピンチを何度も凌いだ錦織も、ほんっとうに凄い。

しっかし、錦織の集中力は尋常じゃなかった。
神がかってるとかゾーンとかいうレベルですら無い気がする。

朝っぱらからとんでもない試合を見れたなぁ。
眠気とか一切感じん。
興奮しすぎて、このまま24時間起きていられそう。
脳内麻薬たっぷんたっぷんだ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「クリード」
いやぁ、いい映画だった。
展開的にはほぼ予想通りのベタなものだったけれど、全然マンネリ感は無かった。
むしろ、絵作りや音楽はめっちゃかっこ良くて驚いた。サントラ欲しい。

若い人なら「つまらん」ってな感想もあるだろうけれど、ロッキー世代のおっさんならたまらん作りになっとる。まごうこと無くおっさんホイホイ映画だ。

どうでもいいけれど、なんでか知らないけれどスター・ウォーズのランド・カルリシアンはカール・ウェザースだっていう刷り込みが頭にされていて、何度も「あ、勘違いだった」「あれ?そういや前も同じ勘違いを・・・」ってな事を繰り返している。
たぶん、馬鹿なんだろうな。俺。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
今年もアイツがやってきた
花粉の影響がとうとう出てきやがった。
くしゃみは出るし、何より四六時中眠い。ガッデム。
2月から4月なんて、無くなればいいのに。

--------------------------------------------------

しっくりとくるデザインをさっぱり作れなかったウィンドウ枠だったんだけれど、ようやく「これだべ!!」と思えるデザインが!!

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
コンバース・ジャックスター & 全豪
今履いてるヤツがご臨終間近という事もあり、そろそろ再販されてもいいんじゃね?
なんて思っていたら、再販されとった。

が、しかし

なんだよあのヒールパッチ!!しかも、アッパーにソフトレザー採用って・・・
メーカー公認のパチもんじゃねぇか!!

こんなの、ジャックスターじゃないよママ・・・

-------------------------------------------------------

試合見ないと勝ってるんだよな、錦織。
ジョコの調子が悪そうだからチャンスありそうだけれど・・・

いや、久々に観よう。
応援するべし。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ご挨拶 & ツクールMV体験版
明けましておめでとうございます。
今年も辺境サークルをどうぞよろしゅう。

--------------------------------------------------

MV体験版をいじってみやした。

システム周りは、正直もうちょっと想定していた機能を盛り込んで欲しかったなぁ、といったところ。
特に、イベントエディターの「出現条件」なんかは、スイッチの増加や変数の条件選択複数化を実装して欲しかった。変数の「以上」だけって使いづらいんだよなぁ。

個人的に目玉機能だった「検索」も、出来ればグラフィックや音源にも対応して欲しかった。

などなど、細かい欲望をあげたらキリがないんだけれど、グラフィックは期待以上のものが実装されていたので、先日の記事でも述べたように「素材集」として購入しようかと思っとります。

でも、「素材集」として買っちゃうと、また現作業中の作品の修正が増えたり・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
高齢者の運転
年齢規制した方がいいと思うんだけどね。
地方は車社会だからだとか色々あるんだろうけどさ、被害者の人は勿論の事だけれど、加害者側の高齢者だった悲惨でしょ。
何が悲しくて、70過ぎて人を殺めるって業を背負った挙句に囚獄されなきゃいかんのよ。
それまで真面目に生きてきた人なら、尚の事悲しいでしょ?

一部報道で、車がステータスの世代だから、運転を取り上げた途端に生きがいを無くしてボケてしまうなんて憂慮がされていたけど、それはまた別の話というか、問題のすり替え以外の何者でもない。

ハッキリ言わせて貰えば、70歳以上の人間で運転可否が自己判断出来ると思えるような人を見たことが無い。
だからこそ、肉親、もしくは法規制という形で客観的に止めてあげないといけない。というのが現状だと思ってしまう。

うちは、親に対しては70過ぎた段階で意図的に同車を増やして運転を監視するようにした。
そのうえで、「ここがおかしくなっている」という事を根気強く説明し、免許を返上するように説得した。
その親は、高齢者運転事故のニュースを見るたびに「返上して正解だったな」とつぶやいている。

でも、自動車業界に甘々な自民党政権じゃ、こんな規制はありえないんだろうな・・・
若い年齢層は車離れしているから、貴重なターゲットである高齢者を手放すような真似を車業界が許すわけがない。
なんか、こうして考えるとオレオレ詐欺みてぇだ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
新刑事コロンボとか相棒とか
うーん・・・やっぱり、世間の評判通りイマイチっすな・・・
ビジュアルがバブル期の日本と同じでケバケバしくて笑ってしまうほど品が無いというのもあるけれど、どうも、コロンボのキャラが大げさになりすぎていて胃もたれ感がある。
殺害現場や犯人宅を遠慮なしに物色するだとか歩きまわるってのは旧シリーズでもあったけれど、好みのチーズを包んで持って帰ったりだとか、ストーカーばりの質問攻めとか、昨今の警察不祥事も相まって不愉快に感じてしまうような過剰演出が多い。
ここまでの放送だと、最後まで観ていられるのはごく僅かだもんなぁ。

そういや、右京さんが無双モードになった「相棒」も見なくなって久しい。

情緒が無くなったり、キャラのさじ加減が適当になってくると、ドラマは終わりなんだろうな。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
内村さまぁ〜ず 人間ドック
年末恒例企画の人間ドック
今年のツボは、新企画の病名神経衰弱と、内村さんの低身長化。
なんだよ病名神経衰弱って、斬新すぎるだろ。
あの、自分じゃないと思っていたのに自分のおとぼけ写真がめくられた時のリアクションがツボだった。

それにしても、あのウッチャンが老化による低身長化。
俺らの世代の大スターも、気づけば五十オーバーだもんなぁ。
時間って残酷ッス。

しかし、お三方のお年がお年なだけに、だんだん笑えない状況も・・・
最後は、スタッフも含めて誰も笑いが無し。
十周年を迎えた内村さまぁ〜ずが二十周年を目指す為にも、お三方共健康であって欲しいものです。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
刑事コロンボとか旭化成とか
BSで放送中のコロンボがめっちゃ面白い!!
若い時は好きじゃなかったんだけれど、今ドハマり中。DVD買おうかなぁ。

80年代に突入してしまう新シリーズはともかく、放送中の初期シリーズは、アメリカのおっさん達がすげぇお洒落な時代なので、犯人役のダンディ達が着ているスーツやジャケットも見ていて楽しい。
クラシカルなデザインで見るからに仕立ての良い一品って、見ているだけで幸せになる。

--------------------------------------------------

もはや、大雨災害のヘーベルハウス製白い家の事なんて、誰も覚えていないんじゃなかろうか?
せっかくあれで「旭化成ブランド」の評価を上げたのに、今回の件でプラマイゼロどころか大幅マイナスになっちまったよなぁ・・・

建築絡みは「単価」が高い事と生活の根幹である「住」に関わるだけに問題が起きた時の注目度が高いから、そういう意味では企業側が少し可哀想な部分がある気がする。
だって、「保守的」「業務慢性化」「日常的な改竄」。
こんなの、高度経済成長とバブルを経てきた日本の古い企業には全部当てはまるであろう事柄だもの。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
マスターチーフが再びやってきた
酒の席でのサッカー勝敗予想で負けた結果、HALO2版の30cmマスターチーフフィギュアを友人に奪われました。ファックマリ○ス。

んで、枕元がすげぇ寂しくなってしまったので、新たなマスターチーフを召喚。それがこれ。


NECAって所が作っとるチーフなんだけれど、全長は旧チーフを遥かに上回る45cm!!圧・倒・的・だす!!

ゴーグル部分やスーツ部分のハニカム柄が超ステッキー。
特に、ゴーグルの質感が超萌えます。
アーマーの質感も重厚感があって素晴らしい。
唯一、ちょっと残念なのは、アサルトライフルとハンドガンの出来。
左右二分割で成型された物を合わせて作っとるんだけれど、重ね合わせの部分の隙間やらズレやらがちょっと・・・
自信のある方は直すのもアリだろうけど、俺はちょっと無理そう。

いやぁ、しっかし満足度は高い。
毎日じっくり眺めていても全然飽きない。ニヤニヤしてくる。
たまらんよ、チーフ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ファザナドゥ
なんの脈絡もなしに、いきなりファミコンの「ファザナドゥ」の事を思い出した。
ツクールで制作作業しとるせいかなぁ・・・

ファルコムのザナドゥをハドソンがファミコンに移植した作品なんですが、元の面影がどうにもこうにも・・・
なので、一部のユーザーやファルコムさんには大不評の作品らしいのですが、アクションRPGとしての出来栄えは素晴らしく、個人的には名作と思っているゲームです。

世界観がねぇ、当時子供だった自分にはちょっと大人っぽく感じられてステッキーだったんですわ。
今思えば、海外ファンタジー文学の要素が強い感じ。
たぶん、これをプレイしていたからこそ、後にロードス島戦記とかも手に取るようになったんじゃなかろうか。

そんな思い出深いゲームです。

そういや、一個だけ値段が高いクセに装備するとワンランク弱くなるバグっぽい装備があった気がするんだけれど・・・検索しても分からない。
記憶違いか?

こんな、思い出に残るようなゲームを作れたら幸せだろうなぁ。
努力。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ツクールMV!!
うっひゃぁああああああ!!
ツクールの最新版が発表されとる!!

「RPGツクールMV」

だって!!

既に発表からそこそこ時間が経過しているようで、そこかしこにて詳しい新機能の紹介や考察がされております。
ユーザビリティや基本グラフィックはVXACEを継承している感じですが、スクリプト言語が変更になっているとの事で、数多くの既存素材屋さんが・・・

個人的に気になったのは以下の三点。

「解像度」
解像度は、アップしてくれるのはいいんだけれど、相変わらず中途半端な数字なので、画像の制作や製作中の数字把握が・・・

「スイッチやイベントの検索機能」
これは素晴らしいですね。まさに、待ち望んでいた機能・・・なんですが、先日の記事にもアップした「挿入」「削除」は無さそうな気配が・・・

「マルチデバイス対応」
これは、制作側としてはより多くの人にプレイして貰えるチャンスが広がるという意味では最高です。モチベーションアップ!!

年末発売予定という事ですが・・・気になる価格は未定との事。
なんとか、一万強ぐらいで抑えてくれんかなぁ・・・
二万超えとかやめて欲しい。切実に。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
デザイン
現在、佐野研二郎氏の盗用疑惑が問題になっていますが・・・

いやぁ、こういった問題は怖い。
意図的に行っていないにしても、結果的に盗用であれば、全ての信用を失い、自分が好きでやっている事を辞めざるを得ない状態になってしまう。
グラフィックデザイナーじゃなくても、物を作る人間としては肝に銘じて身を引き締めなくてはイカンと思う。

ツクールを使用していると、スクリプトやキャラチップやマップや背景などなど・・・様々な提供素材の恩恵を受ける事があります。
でも、そこには提供者さんが提示しているルールが当然あるわけで、それの確認を怠っては当然いけない。
提供者さんへの感謝や敬意を忘れ、制作が煮詰まっている時に提供物を安易に保存してしまったり、管理状況が悪い状態で多くの提供物を雑に保管したりしてしまうと・・・

ほんと、怖いです。

自分も気をつけてはいるつもりですが、これを機に管理状況を今一度見直したいと思います。

しかし、同業者の方々が安易に佐野氏を擁護されていたのはちょっと・・・
擁護されていた方々に共通しているのが、「デザイナー目線」で「デザイナールール」で、なおかつ重要なのが「早計に」という事なんですよね。
業界の厳しさを理解しあえているからこそなんでしょうが、消費者目線とか世間的な目線というものを同時に考えないと、こういった場合の発言としてはちとバランスが取れないのではないかと思います。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
腕時計ベルト自作
愛用していたBUNDベルトがボロボロになってきたので、ちと予算を多めに今までのよりも良い物を買おうとしたんだけれど、腕時計離れの影響なのか、以前よりBUNDベルトの品数が少ない。
なので、以前から興味のあったレザークラフトに手を出し、BUNDベルトを自作してみた。



制作一発目で「こりゃやっぱ素人じゃ無理だわい」などと思って諦めようと思ったんだけれど、徐々に負けず嫌いの虫が騒ぎ始め、気付けば週末を費やして制作に没頭しとりました。
んで、試作4本目でそこそこ納得のいく出来の物が完成。
いやぁ、苦労しただけあって愛着が半端ねぇッス。
革の色合いが変化するサドルレザーを使ったので、その成長も楽しみ。

でも、慣れて制作のコツも掴めたので、さらに高クオリティの物を作ってみたかったりもする。
人って強欲だす。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
錦織圭 CMスポンサー
錦織圭の試合を見てていつも思うけど、CMスポンサーが豪華。
んで、当然ながらCMビジュアルのレベルたっけぇ。

テレビが絶頂期だった80年、90年代のCMのような豪華さッスわ。

最近はテレビ業界が不調でCMスポンサーが集まらないせいか、ちと胡散臭い企業や商品のCMがちらほら見受けられる。そんな中で、あの豪華さは一際目立ちやす。

BSなんて、ほとんどがお年寄り向けの通販CMだもんな・・・

しっかし、錦織バブルは凄い。
今ですらこの状況なのに、グランドスラムウィナーなんて事になったら、どうなるんだろう?

--------------------------------------------------

この間、通りすがりの中学生メガネ男子とシンクロくしゃみが実現した。
驚いて振り返ったら、向こうも驚いた表情でこちらを見返して笑っていた。
なんか、妙に微笑ましかった。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ベイビーステップとかマウスとか
円安の影響かなんか知らないけど、使用しているマウスの予備を買おうと思ったら、数ヶ月前の2600円から4200円に値上がりしとる。
まさに、「あんとき買っときゃ良かった」。
腹ただしい事この上無い・・・

ベイビーステップのタクマ戦がヒートアップして長編になっとります。
スラムダンクの山王戦を彷彿させるけど、パワーインフレが起きていないのでまだまだ今後の展開には期待が出来るッス。
でも、少年誌で続けるには厳しくなってきているような・・・
全日本が終わったら、1、2年後みたいな感じにしてヤンマガとかで再開した方がいい気がするんだけど、どうだろう?

追加BGMをガッツリ購入。視聴していたら、テンション上がって突っ走っちまった・・・
いいBGMを買えたので、後悔なんて当然していないんだけど、計画性無く追加しているせいで、音源のファイル名が無秩序になっていて使いづらいのが痛い・・・
今からファイル名を整頓し直すかどうか、今日中に決めよう・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
最強のふたり
映画「最強のふたり」のブルーレイとサントラをセットで購入。
最高です。最高ですよ、これ。

しっかし・・・返す返すもタイトルが・・・
タイムマシンがあるなら、この邦題を決めた会議に一言物申したいッス。

--------------------------------------------------

阿佐ヶ谷の商店街。
少しづつ商店街半ばの路地に駐輪スタンドが増えてきたはいいけど・・・
年寄りばかりなので、あれだけ簡便化された駐輪スタンドすら利用出来ない人が多い。
堂々と駐輪スタンドの真ん前に自転車放置する姿は、清々しくすらある。

若いバイト雇って、駐輪スタンドのレクチャーでもするしかないんだろうな。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ショルダーウォーマー
ジジ臭いとか見た目がどうとかかなぐり捨てて、肩治療と冬場対策にこれを購入。


ネットで千円ちょいで買えたんだけれど、コスパ最高。
100点満点で98点。
男性用に大きめのサイズがあったら110点だった。

前身頃が磁石入でくっつくとか、ちょっとスゲェっす。
プラグ部分にキャップが付いて梱包されてるとか、無駄に丁寧なのも凄い。
ここ数年の買い物で、良い意味で一番驚いたかも。

この雑記も装着しながら打ってるんだけれど・・・マジで、風呂に浸かりながら打ってるみたい。極楽。

寒さが苦手な方にはガチでオススメ。
ただし、体の大きな方、首周りの太い方は厳しいかも。
自分を基準に、175cm、80kgぐらいまで限界っぽいので、要注意。

----------------------------------------

どうでもいい追記
バンダイすげぇ
HG ヤムチャ

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
007 スペクター
公開された日本語版予告が超・面白そう。
楽しみっすなぁ
冬が待ち遠しい。

んで、予告に触発されてスカイフォールを久々に鑑賞。
やっぱ面白い。二時間半の長さをまったく感じない。
いままでのシリーズとは一線を画す哀愁、侘び寂び、泥臭さがなんとも美しい。
そして、改めて気付いたのが、ジュディ・デンチさん演じるMの最期。
あれ、スゲェっす。
静かに、瞳孔が開いていくかのような死に方。
ここ数年、人の生き死にが身近になったせいか、この演技に鳥肌が立ちました。

しかし、カジノロワイヤルが2006年公開だから、ダニエル・クレイグさんも007に就任して10年かぁ・・・時間が過ぎるのが早えなぁ。
 http://marulock.com/blog/archive_634.htm 
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
内さま 人間ドッグ
やっぱ、年末恒例の人間ドックはおもしれぇっす。
「肺ドックゴッド」「肺ドックグレート」
「サラダをやめてみたんです」「ん?」
たまらん。

内さま、定番の初老芸人いじりの中にちょくちょく笑えない本物のアレが混じりつつあって、そのブラックさがツボ。

唯一見続けているテレビバラエティなので、長く続いて欲しい。
あと、福澤先生の癒し力に万歳。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
今週のベイビーステップ
・・・やべぇ、ガチで泣ける。

33巻末で作者さんが、当初メイン格の予定だったタクマがようやく出番を・・・といったような事を仰っていましたが、まさに、その言葉通りの展開。
そして、何が泣けるって、ブルドックコーチの回想。

ドロップアウトしそうになりつつあるタクマに対する無力感。
それを救った丸尾に対する感謝。
そして、世界の頂点を目指し始めたタクマの成長に対する感動。

自分がおっさんになってしまっている分、ブルコーチに対するシンクロ度が高くて涙がぁああああああああああ

久々に、少年漫画で泣きました。

・・・しかし、来週以降、丸尾はどうなってしまうんだろう?
展開の予想がつかず、マジでおもろいなぁ
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
忘年会
やっぱ、この時期の終電間際は地獄だ。
総武線、中央線での帰宅だったんだけど、共にゲロ・マシーンが乗車しており、乗客率100%オーバーにも関わらず、マシーンの周辺半車両程度の空間は完全な無人空間となっていた。
床で爆睡しているゲロまみれのマシーンの存在感がたまらんかった。

締めくくりが汚い話になっちまった・・・
えっと、今年も一年、お世話になりました。
来年もどうぞよろしくお願いします。ペコリ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
映画「初恋のきた道」
昔っから観たかった映画なんですが、イマイチ恋愛物ということで食指が伸びず、気づけば十数年・・・

んで、ようやく観た結果、「最高」でした!!

これは凄い。素晴らしいっす。まさしく「ザ・映画」。
エンディングでは、涙が止まらんかったっす。

しかし、邦題の「初恋のきた道」が曲者でしたね・・・
センスは悪くないし、それほど内容とかけ離れているわけではないけれど、原題の「我的父親母親」や英題の「The Road Home」が示す通り、完全なる恋愛物ではなく、家族や親子の絆を描いている映画でもあるので、恋愛映画が嫌いな人は、騙されたと思って観てみて欲しいっす。

制作テンションをあげるには最高の映画だったなぁ。
感謝っす。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記


Copyright 2007 MARULOCK All Right Reserved.

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(100)
CG関連(2)
PC話(3)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
雑記(89)
プロフィール(1)
玩具(7)


月別アーカイブ
2018年08月(4)
2018年07月(7)
2018年06月(6)
2018年05月(6)
2018年04月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(6)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼フリーホラーゲーム「らせんの宿」
(2018/8/16 21:37)
▼コトブキヤ「コンバートボディ」
(2018/8/10 16:15)
▼映画「フルメタル・ジャケット」
(2018/8/5 00:37)
▼大人買い決行
(2018/8/1 16:53)
▼牛丼記事
(2018/7/31 16:49)
▼暑すぎだろ
(2018/7/21 14:15)
▼ロシアW杯&ウィンブルドン終了
(2018/7/16 15:38)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)