MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

コメント機能は停止中です。

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



同人ゲーム販売サイト

L I N K



花粉が・・・
今年の花粉ひでぇな。
去年あたりは、ちょっと体質が改善されたんじゃねーかって思うぐらい、症状が軽めだったんだけれど、完全な勘違いだった。

買い出しから帰ってくると、鼻水大洪水状態が1時間近く止まらない。
マスクはもちろん着用しているし、家に入る前には上着を脱いで払って・・・家に入ったら速攻で台所に向かって濡らしたタオルで顔と頭を拭っているんだけれども・・・

いやはや、この時期にマスク着用云々の議論をするとか、心底馬鹿だと思うわ。

猪瀬元都知事なんて、年齢を考えれば発言の是非をどうこう議論する段階じゃない。
票なんか入れるなよ、マジで。

76歳、選挙応援中にセクハラ行為、大衆紙の取材で免許返納否定を公言、花粉時期にマスク着用云々を一般高齢者を引き合いに放言・・・

もう、適切な施設やリハビリを紹介しなきゃならん状態だ。

故人の名前を叫びながら探してたどこぞの大統領と一緒だよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
記者の感想・意見
記者の感想や意見って不要だと思うんだよな。
それが前面に出ている時点で、取材対象の人間や事件に対して先入観なく事実を追い求める事が出来ていない事を示唆してしまっているように感じる。

それに、各メディアの体質、偏向性、醜態といったものが情報化によって大量に明るみになっているので、そこに属している人間が何を・・・っていう、憤懣もある。

天声人語なんかを未だに有り難く頂戴している年寄りや、それを若い世代にお勧めしている年寄りとか、なんか、憐憫すら感じる。

正確で、豊富な情報を、更に、情報の関係性を整然と発信出来るメディアっていうのが、情報化以降では必要だと思うんだけれど・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
さまぁ〜ずとか芸能人の老化
久々にYouTubeで見かけたんだけれど、おじいちゃん化のみならず、めちゃくちゃ不健康な顔色だったもんで、驚きを通り越してドン引きした。

YouTubeだと軽いメイクすらしないで出てくるからな・・・中高年芸能人の映像に驚く事が多い。


ここでも内Pや内村さまぁ〜ずの話をよくしているので分かって貰えると思うんだけれど、昔は大ファンだった。

だけれども、内村さまぁ〜ずの途中からやや横柄な面倒ジジィの片鱗が見え始め、とどめは、東京03の飯塚に対して

「ライブなんてしょせんオナニーだよ。芸人だったらTVで一番目指せよ!」

ってな言葉を投げかけているのを見て、一切見なくなった。

激励の言葉ではあったんだけれども、まぁ、時代の流れを読めていない事もさることながら、何様なんだよっていう。

それから数年が経ち、ライブやコントの評価では東京03やバナナマンの後塵を拝し、テレビでも落ち目になり、結局はYouTubeに進出とかしちまっているわけだから、ほんと、中高年の時代を読めないイキリほど悲しいものはない。

内村さまぁ〜ず初期の黄金時代をたまに見ていると、面白ければ面白いほど、ちょっと切なくなる。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ガルダギア完成&RG Hi-νガンダム
ミリタリー色の強いメカなので、サーフェイサー一色でも良い味が出る。




RG Hi-νガンダムが完成したんだけれど・・・

塗装完成段階では、正直言って造りが繊細すぎていじりにくいが為にヤフオクあたりで売っちまおうと思っていたんだけれど、デカールを貼り終えたあたりから愛着が湧いてきて、どうしたもんか悩み中。

そういや、作っていて思ったんだけれど・・・
確かにディテールの繊細さや可動は凄いんだけれど、パーツ分割に関しては思っていたほどではなかった。

ファンネルの放射版(?)とか、色分け&パーツ分割がもっとされていると思っていた。
ムーバブルフレーム部もしかり。


いやぁ、本当にどうしたもんかな・・・
コイツは売っぱらって、もう一度買い直して塗装をレベルアップしたいっていう願望もあるんだよな。

悩む。
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
創作物の矛盾
創作物の矛盾を嫌味ったらしく指摘するのも大人げないけれど、それに激昂して否定一辺倒っていうのも大人げない。

SFやファンタジーの場合、架空の技術やら要素を描いているわけだから矛盾があって当たり前なんで、その「当たり前」を前提とした議論をしないと。

ちょっと説得力に欠けるとか、説明が長過ぎるとか、作品全体の世界観と合っていないとか・・・そういった指摘や批判なら議論として筋が通っているので、それに対しての反論も相応に筋の通ったものをぶつけるべきだと思う。

SNSやYouTube動画コメントを見ていると、嫌味な指摘をする子供とそれを許せない信者的な子供の激昂がぶつかりあっているだけの場合が多い。

もうちょっと大人の議論をしないと、そこから得られるものが無い。



養老孟司氏の「概念」の話が面白かった。

この話を理解しておくと、算数や数学を教える時に戸惑っている相手への対応が全然変わってくると思う。

若い時に聞いておきたかった話だな・・・
勉強って、大事だ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
スマイルハウジング角田的な
リハビリを終えて戻ってきた身内の話。

元々は、病院のソーシャルワーカーさんの勧めもあって訪問介護を予定していたんだけれど、紹介された訪問介護会社の人との契約の場で・・・

「当方は、皆様と家族になれたら・・・という理念を持っております」

との発言。

これだけ聞くと、素晴らしい理念を抱いた会社だと思えるんだけれど、その前段階で・・・

「コロナ対策として、介護対象者様以外の方との接触は極力行わないように・・・」

「飲食の類は、お茶であってもお断りしております」

「契約時間外の飲みの席、といったお誘いもお断りしております」

「パワハラやセクハラといった事には相応の対処をさせて頂きますので、こちらの書類に・・・」

などなど

もう、昨今のハラスメントとコロナ渦に対する徹底した対応説明と書類を用意された後の冒頭の台詞なので、まったく心に響かないというか、正直に言えば白々しい事このうえない。

同席していたボケ気味の老母ですら、「何を言っとるんじゃ、この若造は」といった様子。

話を聞いていると、目の前の状況が東京03のスマイルハウジングと微妙にかぶり、笑いを堪えるのが大変だった。

結局、戻ってきた身内の回復具合が予定以上に良好だった事と、本人が訪問介護に消極的だったが為に訪問介護は断る事になったんだけれど・・・

いやはや、貴重な経験だった。


なんかね、先だって批判していた看護師さんもそうだけれど・・・

昔のような分かりやすい横柄さは無くなり、対応は非常に丁寧になっている分、実際のミスだらけの仕事やら言動の矛盾さやらっていうのが結果的に慇懃無礼になっており、かえってイラッとする状況になっている。

本当に、コントそのもの。

言葉遣いさえ良ければいいってもんじゃない・・・っていう状況の教科書的なイベント目白押し。

いやぁ・・・疲れる事がほとんどだけれども、コンディションさえ良ければ斬新な笑いを得られる貴重な体験ではある。

諸々が済んだ今なら、そういった感じに前向きに考えられる。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
テレビの研究家や評論家
テレビに、それもバラエティやワイドショーを中心に出ている学者は信用に値しないけれど、それでも「XX大学教授」ってな肩書があるだけマシで、経歴が不明であったり所属が曖昧な研究家や評論家なんて詐欺師同然だ。

ものすげぇマイナーな分野の医者(自称)も同じ。
特に、美容や健康系は。


芸人や役者に対しては事務所所属という「保証」を求めるくせに、その保証が最も必要な「識者」に関しては要求や警戒がザルっていうのが不思議なんだよな、テレビ業界。

ショーンKとか、全然教訓になっていないのが凄い。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
そろそろ本当にHi-νガンダム制作
ガルダギア・ベルーガの前進翼化+サーフェイサー塗装も完了したので、そろそろ本当にHi-νガンダムの制作をやろうと思っているんだけれど・・・

ちょうど、ヤフオクの出品物で自分のイメージに近い超・ガッコイイ制作物があったので、その画像を参考に塗装計画を立案中。

ついで、後頭部と頭部後ろの装甲をちょっといじりたいなぁ、なども。


いやぁ、それにしてもサーフェイサー・スプレーは超楽しい。
ほんと、俺みたいなスットコドッコイでも超・綺麗に塗装が出来る。

楽しすぎて笑いが止まらない。
久々に、ドーパミンどっぱどっぱ出とる。

エアブラシ、買おうかどうか悩み中。
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
福井県池田町の移住者への提言
誰が移住するんだ、こんなの出されて。

腹の中で思うのは自由だし、むしろ本音である事は理解出来るけれど、表に堂々と出すようなもんじゃないって、誰でも分かりそうなもんなのに・・・

そういう事も分からない人達が町の自治を担っているからこそ、過疎化が進んでいるんだろうな・・・

先日にあげた架空の「区役所でハサミについて議論をする」話の現実版で、まさに寒気がするというか、恐ろしい話だ。

これを、大の大人達が真面目に議論をした結果として世に発表するっていう。

コントだよ。マジで。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
炎上の扱われ方
炎上しているYouTuberのほとんど全てが、「そりゃあ、クズなんだからしょうがない」の一言で済むと思うんだけれど、その炎上に対して真面目に議論やコメントが行われているのがなんとも・・・

直近だと、高齢のおばあさんが一人で切り盛りしている飲食店に突入して辛辣なレビューを行ったYouTuberが炎上している件がネットニュースで取り上げられていたけれど・・・

これを、小中学生の道徳とかHRで取り上げて「こんな馬鹿な真似をするのも、こんな馬鹿になるのもやめましょう」なら理解が出来る。

だけれども、大の大人が賛否やらどこが悪かったやらを議論をするって、正気の沙汰じゃない。

区役所の一室で、テーブルに置かれたハサミを大人が取り囲んで「使い方」や「刃物だから注意が必要」を議論していたら、馬鹿馬鹿しさを通り越して寒気や怖さを覚えるでしょ?

それと同じだよ。

炎上しているYouTuber = クズだから
対策 = 観ない

これしかないって事を、中学を卒業するまでの間に頭に叩き込んでくれよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
腕時計修理
ヤフオクでちょっと難のある安価なクオーツクロノグラフを落札し、以前から経験してみたかった分解を実施してみた。

画像右は、ネットで400円とか500円程度で売っている裏蓋オープナー。
腕時計は、セイコーのクロノグラフで、キャリバーは定番の7T62A。


クロノグラフ針のちょいズレとプッシュボタンの固着修理が目的なんだけれども・・・

プッシュボタンの脱着を防ぐCリングが凄い。
まさに、精密機器の世界。

取り外せた事も不思議だし、無事に取り付ける事が出来たのも不思議だ。

外した時も、取り付けた時も、工具を握る指先に微塵も感触が無いのが凄い。
ザ・運のみ。

にしても、こういった事にチャレンジすると、改めてネット社会の恩恵をひしひしと感じる。

竜頭の取り外し方とか、YouTube動画が無かったら絶対に分からねぇよ・・・


いやぁ、結果が大成功だったからだろうけれど、面白かった。
良い経験が出来た。

もう何個かネットで多少の難あり品を安価で落札して修理してみるのもアリかもしれない。

充実の日曜日だ。
マーベラス。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
迷惑行為、バカッター、不寛容
Twitterがやや落ち目である今となっては「バカッター」が死語となっている気がするけれど・・・まぁ、分かりやすいのであえて使用を。


昔から中学生あたりの度が過ぎた悪ふざけが存在していたのは事実だし、ネット社会の未熟さ故に処罰や制裁が厳しくなっているのも事実なんだけれど・・・

この2つを鑑みて現在の悪ふざけを「許してやれよ」「許せないのは不寛容だ」っていうのは違うと思う。

この「悪ふざけ」を許容してきた事と行ってきた事が間違いなわけで、時代の流れや社会の成熟と共に断じられるようになっていくのは、むしろ自然な事だと思う。

タバコのポイ捨てや、真っ昼間から町中でワンカップ片手に歩いている奴なんて、昔に比べて激減しているでしょう?

それを指して「不寛容」だとは誰も非難しないと思うんだよな。
社会の成熟、その評価が正しいはず。

そもそも、この「不寛容」という意見を述べる識者って、情報化社会における「悪ふざけの被害者」がどれだけの被害を被っているか、という点に対する考慮が足りないんだよな。

昔じゃありえなかった「悪ふざけ内容の拡散」が起きる事によって、飲食店などは倒産や閉店といった甚大な被害を被ってしまう・・・という重要な点を肝に銘じて論じていかないと。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
かかと荷重スクワット
運動不足の人や太り過ぎの人は、当然かかと荷重のスクワットなんかやらない方がいいけれど。

一般トレーニーレベルなら、背中を伸ばしたかかと荷重のスクワットが一番効率が良い気がするんだよな。

かかと荷重だと膝を痛めるっていう人もいるけれど、足裏中心の土踏まずに荷重したやや前傾の一般的なスクワットだと負荷が足りなくて高リスクなバーベルが必要になるわけだから、膝等々に対するリスクは、かかと荷重スクワットの方がむしろ低減している気がする。

かかと荷重のスクワットって、要するに「椅子に座った人間は上半身の前傾を封じられると立つことが出来ない」を利用しているんだよな。

バーベル等の負荷が無くても、上記の状態に近づける事で無制限の負荷を得られるっていう。

その分、バランスやフォームが難しくなるけれど、バーベルを担がない分、経済的にも、敷地的にも、怪我のリスク的にも優しくなっている。

っていうのが、自分の考え。

家にバーベルを置きたくは無い・・・っていう人には、かかと荷重スクワットはおすすめの種目だと思う。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記


Copyright 2007 MARULOCK All Right Reserved.

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(108)
制作物攻略・ヒント(1)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
CG関連(3)
PC話(13)
玩具(179)
写真(12)
雑記(969)
プロフィール(1)

2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

月別アーカイブ
2024年04月(9)
2024年03月(28)
2024年02月(22)
2024年01月(16)
2023年12月(20)
2023年11月(22)
2023年10月(17)
2023年09月(21)
2023年08月(24)
2023年07月(19)
2023年06月(22)
2023年05月(30)
2023年04月(14)
2023年03月(19)
2023年02月(13)
2023年01月(16)
2022年12月(23)
2022年11月(23)
2022年10月(18)
2022年09月(16)
2022年08月(22)
2022年07月(19)
2022年06月(11)
2022年05月(16)
2022年04月(16)
2022年03月(13)
2022年02月(11)
2022年01月(18)
2021年12月(9)
2021年11月(17)
2021年10月(17)
2021年09月(12)
2021年08月(12)
2021年07月(9)
2021年06月(10)
2021年05月(19)
2021年04月(19)
2021年03月(18)
2021年02月(13)
2021年01月(13)
2020年12月(7)
2020年11月(11)
2020年10月(7)
2020年09月(6)
2020年08月(18)
2020年07月(24)
2020年06月(22)
2020年05月(30)
2020年04月(20)
2020年03月(12)
2020年02月(15)
2020年01月(16)
2019年12月(19)
2019年11月(14)
2019年10月(13)
2019年09月(12)
2019年08月(16)
2019年07月(18)
2019年06月(14)
2019年05月(13)
2019年04月(10)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(16)
2018年12月(14)
2018年11月(8)
2018年10月(3)
2018年09月(7)
2018年08月(9)
2018年07月(7)
2018年06月(6)
2018年05月(6)
2018年04月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(5)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼受信と発信
(2024/4/18 17:02)
▼火事とか
(2024/4/17 15:22)
▼信長のシェフ・連載終了
(2024/4/15 11:48)
▼台所洗剤諸々・新生活応援
(2024/4/13 14:53)
▼ガンプラチャンネル「Just Gundam」
(2024/4/12 20:46)
▼旧J事務所報道再燃
(2024/4/10 18:37)
▼ヤフオク・落札手数料改定
(2024/4/8 13:03)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)