MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



パッケージ版ご購入のお客様は
バージョン1.40にアップデートし
て頂けるようお願い致します。
「アップデータ1.40リンク」


同人ゲーム販売サイト

L I N K







映画「フルメタル・ジャケット」
ハートマン軍曹をネタにしたら久々に「フルメタル・ジャケット」を見たくなったので、DVDを棚から引っ張り出した。

なんだろう、昔より冒頭の罵詈雑言が面白い。
モラルに厳しい世の中になったからかな?

それに、オープニングの坊主にされる連中の中に4人ぐらい目がうつろな奴がいるんだけれど、これがもんのすげぇ笑える。
これは、全然覚えてなかったんだよなぁ。
それだけにツボった。

古い映画なんで、ちょいちょい設定技術の面で物足りない部分はあるけれど、逆に、今の映画では味わえないような鬼気迫るシーンや演技があるのも面白い。

微笑みデブが徐々に壊れていく過程、そして最期の狂気面。
ベトナム女狙撃兵の最期の苦悶の恐ろしさ。
どちらも、ホラー映画では味わえない恐怖がある。

クリント・イーストウッドやスピルバーグの戦争映画に対する批判には、「戦闘シーンのスタイリッシュさ」みたいなのがあると思うんだけれど、スタンリー・キューブリックが描くこの「フルメタル・ジャケット」には、そういったスタイリッシュ戦闘は一切無い。
にも関わらず、高い評価と人気を誇る。

こういった戦争映画って、今後出ないような気がする。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
コメント一覧

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(100)
CG関連(2)
PC話(3)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
雑記(100)
プロフィール(1)
玩具(10)


月別アーカイブ
2018年10月(2)
2018年09月(7)
2018年08月(9)
2018年07月(7)
2018年06月(6)
2018年05月(6)
2018年04月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(6)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼先日の記事
(2018/10/16 22:22)
▼今年も・・・
(2018/10/4 22:09)
▼高円寺アキダイ!!
(2018/9/25 15:34)
▼日村さん・・・
(2018/9/24 19:51)
▼俺フレームアームズ07
(2018/9/13 23:16)
▼阿佐ヶ谷 祭り
(2018/9/9 16:39)
▼全米オープン&大谷
(2018/9/5 15:05)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)