MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



パッケージ版ご購入のお客様は
バージョン1.40にアップデートし
て頂けるようお願い致します。
「アップデータ1.40リンク」


同人ゲーム販売サイト

L I N K







ステルスタイプのVF-1J
YouTube動画で見かけたんだけれど、旧やまとが発売していたステルスタイプのVF-1J(1/48)、めっちゃくちゃカッコいいな。

基本、マクロスのVFって、グレーカラーの方がキャラ陣営のカラーよりも・・・

いや、それを言うのは野暮だって事は理解しとるんだけれども、だけれども・・・

にしても、JとSって悩ましい。

ぱっと見、ヒロイックなSの方が印象は良いんだけれども、汎用メカっぽさが微妙に残るJの方も、なんだかんだで見飽きない、玄人臭のする良さがある。
特に、前述のステルスカラーのようにリアル戦闘機に寄れば寄るほど、その相性はJの方が良い気がする。

スーパー&ストライクパーツ込のステルスVF-1Jがお手頃価格で市場に出たら、ちょっと買ってしまうかもしれない・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
鶏むね肉の焼き方
そこそこ美味く食べれる焼き方のコツを掴めてきた。

低温調理はなんだかんだで面倒なので、結局フライパンで炒めるという手段を取ってきたんだけれど・・・

まず、ブロック状に切るのではなくて、筋繊維と同じ方向に包丁を入れ、細かく細長く切り分けていく。
例えるなら、ジャガリコよりちょっと太め。
長さは適当で、2cmから4cmぐらい。

フライパンに少量のオリーブオイルを引き、弱火で温めたら鶏むね肉投入。
重なり合わないように丁寧にフライパン全体に肉を散らして並べる。

焼き面が白く色が変わったら引っくり返し、塩、粗挽きコショウ、出来ればハーブ系を投入して味を整える。

で、火を止めてしばらく放置。
包丁とかまな板を洗っておくなどして時間を潰す。
鶏肉はカンピロバクター菌による食中毒の可能性があるので、シンクもついでにざっと洗剤で流してやると吉。

再度弱火にし、肉を混ぜて味付けが均一になるようにして・・・完成。
肉は、全体が白く変色していれば十分。
キツネ色の焦げ目がついているようだと、ちょっと火を入れすぎ。

これだけ細かく切り分けると、余程の事が無い限り「ちょい生で怖い」ってな状態にはならないってのがポイント。

筋繊維と同じ方向に包丁を入れ、細かく刻む。
火を入れすぎず、予熱を利用する。
この2点によって、柔らかい上に香ばしさも加わった状態で食せる。

まぁ、正直それでも200gとかは飽きてくるので、低脂質のチーズとかを一緒にかじりながら食べると、結構リッチな味わいに。

コンソメスープとかで流し込むのもアリ。
(解説が全て台無しになるが・・・)

興味のある方はお試しあれ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
竹本IT相「はんこ議連」会長を辞任
竹本IT相「はんこ議連」会長を辞任

たぶん、日本全体が優秀なコント集団なんだろうな。

で、こういった事を言っていると、今度は「真面目に国政に携わっている人間に失礼だ!!」みたいなボケツッコミも入ってくる。

たまらんよ。

きっと、「一億総東京03計画」みたいなもんが地下のジオフロントかなんかで進められてるに違いない。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
電話は不便なツールだ
電話離れとか電話恐怖症なんて言葉が生まれとるけれど、そもそも、若い連中に仕事で「電話」を使えって、相当無理があると思う。

年齢如何に関わらず、まともに頭が動く人間からしてみたら、重要な社用等を電話でやり取りするって、不効率かつ不正確って認識がされているわけだからさ。

型番、アルファベット、数字、英語、名前、etc・・・
間違いが許されない仕事上の情報を口頭で伝えるって、マヌケとしか言い様がない。

会社に入ってオフィスに来てみたら、当たり前のように電話を使っている・・・そんな光景が広がっていたら、その会社と社員に疑問を抱くのも無理は無い。

専門職の人間に対して「世間の常識が無い」なんてレッテルを張りがちだけれど、サラリーマンだって、所属している会社の仕事まわり以外の事を知らないわけで、知らず知らずのうちに非常識になっている部分や世間知らずになっている部分は多い。

特に、アンテナ感度が落ちてくる中高年なら尚更。

自分が当たり前のように使っているツールや、そのやり方っていうのが、若い人間から見たら「ドン引き」ってな可能性がある事を念頭に置いておかんと、すっげぇ面倒なおっさんやババァになってしまう。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ザ・結果論
日本のコロナウィルスによる被害、現状の数値を以って自粛政策に対する批判をしている著名人が多いけれど、ザ・結果論だろ。

欧米並に被害出る可能性はあったわけだし、2月や3月の時点で「日本は被害が少なくて済むだろう」なんて予測も出来なかった。

もっと言えば、現状の被害状況が自粛の効果によるもの、という可能性だって十分にある。

前にも言ったんだけれど、初期段階でコロナウィルスに対する軽視発言をしていた人間が、引っ込みがつかないからといって間違いを認められずに声を荒げている様が本当に見苦しい。

この人達に比べたら、途中で何気ない顔をして意見を変えているトランプやテドロスの方がまだまともだ。

自分はコロナウィルス関連の政策に関して安倍首相や政権をボロクソに言っている人間だけれども、自粛政策についてはあぁだこうだ言うつもりはない。

自粛政策に対する判断は難しいものだったと思うので、これを批判するのは、高難易度の外科手術でミスをした医者を訴えるのと同じで、馬鹿げているとしか言いようが無い。


あと、ちょっと話しは変わるけれど・・・

商店街や店内以外の人気の少ない歩道や道路、マスク外そうぜ。
暑さで死ぬぞ?

皆が付けないと、自分は付けない。
皆が外さないと、自分は外せない。

どんだけ脳停止してるんだ。
リアルタイムで脳を動かそうぜ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
求む、虎太郎フィギュア
コトブキヤさん、学園ベビーシッターズの虎太郎フィギュア作ってくれねぇかな・・・

おっさんがキモさ承知で言わせて貰うけれど、心底欲しいんだよ。

背中を押すと「にちゃ」とか話してくれるなら、立川方面に毎朝礼拝するよう家族に指導する。

頼むよ。



YouTubeのテレ東NEWS

WHOのテドロス絡みだとコメント欄が総ツッコミ状態で面白い。

ボロクソ言われているのに、動画だと真面目にトンチンカンな事を話しているのが最高だ。

「危険な新局面に入った」じゃねーよ。マジで。

ほんと、完全にネタキャラになってきた感がある。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
マスク行列感染
ユニクロ行列だとさ。

いやぁ・・・凄い。
全員、ユニクロ側が宣伝の為に用意したサクラとか?

そうでもなけりゃ、信じられる光景じゃない。

コロナ等々の対策の為に、数百人が密集して長時間を過ごす。
アレだけ、紙類のパニックの折に批判された状況を繰り返す。
大の大人が。

この行列の前でマルチ商法の勧誘とか商材の特売会とかやったら爆売れしそうだ。
もしくは、面を晒したオレオレ詐欺でもいい。

この人達が存在し続ける限り、警察・消防・救急医療の仕事は無くならないんだろうな。

全員、税金三倍払って欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
韓国映画「タクシー運転手」
いやぁ、いい映画だった。
映画を観るという時間をこんなに有意義に感じたのは久々。

最後のカーチェイスとかは蛇足だった気がするけれど、有意義な映画を多くの人に見てもらう為の娯楽要素なので、致し方がない部分だと思う。

右寄りの津川雅彦氏が、某番組で日本と韓国の映画界を評して「大学生と幼稚園ぐらい違います」と言っていたけれど、こうして直に向こうのトップ作品を観ると、その言葉の意味をまざまざと思い知らされる。

いや、いいや。
また、日本の芸能界に対する批判になりそうだ。
最近、連発してっからな・・・自重しよう。



肘痛が収まったので、長いことやってなかったアブローラーをやったら・・・腹、激痛。

やっぱ、全然効きが違うな・・・すげぇよ、アブローラー。

んで、肘の痛みもちょい復活。
どんだけなんだよ。

ついでに、四十肩連発でボロボロの肩を憂慮して控えていたショルダープレスにも挑戦。

案の定、肩、激痛。

お試し感覚で手を出した後、ポジティブな結果なんて絶対に起きない。
それが、中年ボディ。

ファック。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
キンコメ高橋に対する渡部コメント
久々にドリームマッチの「設楽xキンコメ高橋」のコントを見た流れでキンコメのWikiとかも眺めていたんだけれど・・・

キンコメ高橋の事を語っていたアンジャッシュ渡部のコメントがかなり怖い。
下手なサイコサスペンスを観るより、たった数行のコメントの方がゾッとする。

これぞサイコパスといった感じ。

Wiki内には引用が添付されていなかったので、ちと怪しいと思って裏取ったらサイゾーのインタビューだった。
https://www.cyzo.com/2012/11/post_11911_entry_3.html

これぞ特大ブーメランというか・・・

そもそも、状況に限らず特定個人の親の事を口にする人間って怖い。
自分は、これに触れた人間とは友人付き合いをしないように、もしくはぶった切るようにしている。

何気なく過去の動画やインタビューを辿っていると、片鱗や予兆ってあるもんだと気付かされる。

いやはや・・・ネットも人間も両方怖い。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
抗体保有率
厚生労働省が東京都の二千人に対して抗体保有の調査を行ったりと、各所で抗体保有の調査が行われるようになっている模様。

なんだけれど・・・数字がちと驚き。

日本の状況からして、てっきり集団免疫が進んでいるものだと思っていたんだけれど、各所の検査結果は総じて抗体保有率が1%未満。

全然、集団免疫の獲得が出来ていない。

被害状況が日本より酷い海外と比較しても、保有率が低いとの事。

日本の被害状況が軽微な理由に関する説で、年頭段階で幸運にも緩やかに感染が広がっていて、集団免疫の獲得が出来ていた・・・っていう説は、これで消えた可能性が高い(検査自体に間違いや問題がある可能性が僅かながらに・・・)。

あと、自分が知り得ている可能性だと、BCGワクチン有効説、人種的遺伝の可能性、といった所。

これ、最終的に握手やハグといった接触文化の違いって事に落ち着く可能性もあるんかな・・・

早めにこのへんの解明が出来ないと、既に起きている第二波に対する有効な対応が打ち出せない。

申し訳ないけれども・・・医療従事者の方々にエール、だな。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
拉致被害問題に対するテレビメディア
戦後から続く芸能スターの中には、その出自故に差別を受け、まともな職に就くことが出来なかった在日系の方が多くいて、その方々を支援していたのは、幸運にも経済的に成功していた在日系の人達で、その支援側は大手芸能事務所を作っていて・・・だから、今尚メディアの中にいる在日系の方の影響力は強く、拉致問題等に関して偏向報道どころか「報道しない」といった事が起こり得る。

っていう流れを理解しておかないと、横田哲也さんの

「40年間何もしてこなかった政治家や、北朝鮮は拉致などしていないと言い続けたメディアである」

「何もやってない人が政権批判をするのは卑怯だ」

この言葉の意味が理解出来ないと思う。


ちょくちょく言っている事だけれど、子供に対する教育として・・・

「テレビ芸能が絶対悪だとか絶対に観るなとかまでは言う必要は無いと思うけれど、正しい歴史や知識を与えた上で「実態」や「距離感」を教えるって事は必須だと思う」

っていうのは、まさに冒頭のような事があるから。

だけれど、教育する側の親が理解出来ていないっていう現状が、如何とも・・・

情報化が進んで理解している人の割合が増えてきているようには思うんだけれど、傾いた天秤のバランスを直すには、まだ至らない感じがする。

けどこれ、学校の授業で教えようとすると、それこそ韓国のような感じになってしまうんで、そこの匙加減は難しいよな・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
脚本
すっげー進んだぁああああああああああああ!!

いやぁ、久々に降りてきた感がある。
大・満・足

一回挫折しとるし、その後も足踏み状態続いとるんで、制作に関してはある程度目処がつくまでは大きな事は言わないように・・・って方針でいたんだけれど、今日は、声を大にして言いたい。

やったどぉおおおおおおおおおおおおおおお!!

あぁ、楽しい。
久々にドーパミン溢れ出た。
明日の朝、死んでんじゃねーかと思うよ。

ただ、日を改めると矛盾点が見つかったりイマイチだと感じてしまったりって事もあるんだよな。
それが不安だ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)企画制作録
肘痛とか肩トレ話
なんでか知らんが、半年以上悩まされていた左肘の痛みがほとんど無くなった。

ヤケクソというか気まぐれ的に、今更ながらに湿布を数日間貼っていたんだけれど・・・そんな事で、半年間治らなかった怪我が改善するもんなのか?

謎だ。

しばらく様子を見て痛みがぶり返さないようなら、久しぶりに高重量のダンベルプレスとかやってみたい。



肩の前部がイマイチ成長せず、胸部とのメリハリがいつまで経ってもつかねぇな・・・と悩んでおり、ちとオリジナルの肩トレをやってみたんだけれど、めっちゃ良い。

ダンベルを使ったフロント・レイズの変形版で、やや肘を曲げたスタートポジションから、肘は伸ばさずに真上ではなく斜め上に持ち上げる。
ちょうど、顔の逆側横にダンベルが持ち上がる形。

ついでに、顔横まで持ち上げたら、その収縮ポジションで肩前部と胸部の境を意識してさらに収縮させて2,3秒停止させる。

ダンベルの軌道の関係で両手でやるのは難しいので、必然的に片手でやる種目になる。

なので、最後の収縮は空いてる方の手で補助してやると、より追い込みがしやすい。

まだ三回程しかやっていない種目だけれど、確実に胸部境目とのメリハリが感じられるようになった。

今後の定番にしていきたい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ガンバの大冒険・進学塾マンガ
「ガンバの大冒険」の放送年が1975年だった事に驚き。
俺が生まれた直後だよ。

記憶にある放送って、一度目や二度目の再放送じゃないって事か。
何度目だったんだろう・・・

ガンダムより古かったとはなぁ・・・



YouTube独自の動画漫画系
上手いよなぁ
アレは、確かに需要がある。

子供の頃、第二次ベビーブーム世代でお受験ブーム真っ盛りだったもんで、進学塾が大バブルだった。

で、多くの塾が入学願書をガンガン送りつけてくるんだけれど、大抵、漫画がセットになっとる。

この漫画がすげぇ面白くて、サンデー系のノリに少女漫画を足した感じと言えばいいのか・・・

「塾に通うことで学校での成績が上がって友達の評価も上がり、クラスで人気のあの子とも・・・」

ってな設定をベースにした漫画がほぼ毎週のように読める。
すんげぇ楽しみだった。

YouTube動画漫画のノリは、これに近い。

自分が小学生だったら、毎日スマホにかじりついて見とるわ。
そう考えると、歩きスマホをしているガキを無闇矢鱈と怒れん気がする。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
日本スゲー、コンテンツ
ここ数年で急激に伸びた「日本スゲー」コンテンツ。
確かに、ウザいとまでは言わないまでも、「粋」じゃないってーのは自分も感じる。

でもこれって、長年の左寄り教育とか欧米コンプレックスで醸造された「卑屈」っていう悪しき文化を修正する為でもあるんで、ある程度過剰な表現とか過剰なコンテンツ量になるのは仕方が無い。

なんせ、夫婦やら家族やらの個人間での諍いだって、適度にピタッと「ごめんなさい」の一言で修正される事なんて無いんだから。

一億人超えのパワーが加わった天秤の傾きを直そうとすれば、それこそ「ピタッ」と真ん中にってわけにはいかない。
逆側にちょっと傾いてしまうぐらいのパワーとか勢いが無いと、なかなか直すのは難しい。

個人的には、そこそこ平和で情報化も進んだ今ならば、右寄りの人達とかが頑張って「卑屈文化」を直してくれるのはいいタイミングなんじゃないかと思う。

治安が乱れて対外的にも問題が頻発・・・なんて時に右寄りが台頭してくると、それこそたまったもんじゃない。

パニック映画で言うところの、「俺、軍隊経験者。皆、命令、従う」ってヤツだからさ。
わかりやすく、面倒だ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
WHOが布マスク推奨だってよ
WHOがついに「一般市民のマスクの着用」を推奨、新型コロナウイルスの拡散を防ぐと認める

皮肉抜きで爆笑した。
だって、もう6月だで。

面白れぇな。
東京03やサンドウィッチマンを超えるコント集団だ。

もしくは、職員全員が暴動で襲われる事を望んでいるマゾ集団。
もしそうなら、全員モグラ叩きのモグラにして、ピコピコハンマーで殴ってやりたい。
自粛中に貯めたリミットゲージを、全開放出来る。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
米ミネアポリス市、警察を解体し再建へ
米ミネアポリス市、警察を解体し再建へ

すっげぇな、アメリカ。
こんな事出来るんか。

日本の場合、不祥事による署の再編や廃止って聞いた事が無い。

しかしアメリカ、どんどん収拾のつかない事態になっている気が・・・

コロナウィルスの被害は世界一位のまま収まる気配が無いし、デモは空前の規模になりつつあるし、どうすんだ?。

日本もそうだけれど、対外的に強い政権やトップって、内乱に対してはどうもイマイチだよな。
急にオロオロしだすし、トンチンカンな事しだすし・・・不思議だ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
プロテイン「GronG ナチュラル」
半月ほど使ってみて良い感じなので、お得な3kgを追加購入。
日曜日だと25%ポイント還元されるので、4500円弱(送料込)で購入出来る。お得だ。

ただ、これから梅雨や夏場に入るので、保存がちょいと心配ではある。

シェイクする時、牛乳にしろ水にしろ、40〜50度程度に温めてやると溶け具合がいい。
ただ、牛乳もプロテインも温度が高すぎるとタンパク質が凝固してしまうので、そこは注意。



例え辺境ブログとはいえ、こんな事言うとアレだけれど・・・

最近、高円寺ユータカラヤのしらすとタイ産鶏もも肉の足がちょいと早い。
暑くなってきたとはいえ、まだ6月。
それに、運搬には気を使って店が提供している氷を利用しているので、2日程度で傷んでしまうのはちょっと解せない。

しらす丼、食いたいんだけれど・・・怖くて買えなくなった。

他に150g300円なんていう価格で常時提供してくれる店なんて無いので、買い物ルーティンとしてはダメージでかい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
地方のガキ大将大臣
「近所で不幸があったから、今日は騒いじゃ駄目だよ」

こんな子供に言って聞かせるような事を分からん大人や老人がわんさかおる。


ここにきて、コロナウィルスによるアジア圏と欧米の死者の違いには、文化的な要因以外にも何か別の要因があるのでは?

ってなアプローチが増えているって話をしたばかりだったけれど、そんな理性的かつ論理的な話を全部すっとばして、お国のトップが地方のガキ大将臭全開の「おらが村はすげぇべさ」発言しとる。

で、それに乗っかって「そうだ、そうだ」と騒いでる連中。
こいつ等が、冒頭に言った子供に言って聞かせる事を理解出来ないクズ達。

もうね、アホとかそういう事じゃない。
もっと低レベルで、こいつ等ってただ単に性格が悪いんだろうな。
発言をしたボス猿も含めて。

こういった、「国境を越した先の事はバーチャル・バーチャル、現実的な想像なんて一欠片も出来ないフッフッフー。レッツ・鬼畜米英」みたいな連中がわんさかおるせいで、争い事が絶えないんだろうな。

なんかもう、本当にどうしたもんか、コイツ等。

コロナワクチンと同時に、性格改善出来る薬も作って欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
親世代の痛さ
俺らの親世代の痛い話なんて山程あるけれど、例えばさ、今じゃ想像もつかんけれど、昔は夏場の公営プールの近くに「なんで?」って思うような屋台がちょいちょい出てたんだよ。

たこ焼きとか、フランクフルトとか、まぁ、一種のお祭りのノリだったんだよな。

で、うちの近くのプールには「おでん」の屋台が毎年店を出していた。

まぁ、色々ツッコミどころはあるんだけれど、これがまた美味いんだよ。
プールで冷え切った体に染み渡るというか、酒の後のラーメンみてぇな。

だけれど、親からしてみたらたこ焼きやらおでんやらって、結構な出費になるでしょ?
駄菓子屋とかならもう少し安く済むわけだし。

で、親達がどうするかっていうと・・・

「あそこのおでんは、プールの水を使ってて汚いから駄目」

これを、子供達に教え込む。

不思議なのが、ババァネットワークとか母親会議みてぇな繋がりのせいなのか、こういう話って一斉に子供達に仕込まれる。
勿論、子供達同士で広がっていくというのもあるんだけれど、なぜか他の学校の連中も知ってたりするので、そこがババァの凄いところ。

で、噂が広まってしばらくすると、店が姿を消しているっていう。

ザ・営業妨害。

ネットの誹謗中傷をテレビのジジィとかババァが兎角煩く非難するけれど、良くまぁ、どの面下げて言ってるんだとか思う。
厚顔無恥っていうより、頭がボケてんだよな。アレ。

だからさ、六十、七十ぐらいの年寄りが政治やメディアの中心にいるって、それ自体が壮大なコントみてぇなもんなんだよな。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
梅雨の漫画話
噂になってる「鬼滅の刃」を一気読みしてみたんだけれど・・・

疾走感が凄い。

ジャンプの王道バトル漫画なのに、蛇足や冗長さがまったく無い。
アニメ放送で異常なほどの爆伸びで人気になったらしいんだけれど、それにも関わらず、一切引き伸ばしが無い事にも驚いた。
これぞ有終の美・・・といった感じ。

いやぁ、重ね重ねすげぇよな。
ちゃんと人物の掘り下げはされているのになぁ・・・

バトルがね、隠し玉とか逆転イベントの後に上手く「落とし所」が作られている。
これまでの長編バトル漫画みたいに、二転三転しない。

矛盾無く、綺麗に、破綻無く、粋に、決着がなされる。
それが面白い。

っていうか、このスピード感が当たり前なんだろうな。
俺らも、一世代・二世代前のエンタメを目にした時、色々な事を差し置いてまず言えるのが「間が長い」だもんな。
このスピード感が、現在のスタンダードなのかもしれない。

ってか、それだけにufotableの件は残念だよな。
所謂「小悪党」じみた意図的な改竄・不正による脱税なので、印象はかなり悪い。

エンタメ業界が綺麗事じゃないのは分かっちゃいるけれど、建前上であっても繕っておかなきゃいけない世間体ってもんがあるっていうのが自分の考えで、今回の件はそれを破綻させるには十分な愚行かと。



サンデーの「葬送のフリーレン」が面白い。
サンデーらしい、文学的なノリのファンタジー。

舞台設定は王道のファンタジーなんだけれど、アプローチが「異世界物」とは違うのも嬉しい。

長期っぽい感じでは無いんだけれど・・・長く続いてくれると嬉しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ジョージ・フロイド氏殺人事件
お笑い第六世代とか第七世代とか、分かりにくいからもういいよ。
誰が六で誰が七なんだよ。



アメリカの警察官によるジョージ・フロイド氏殺人事件。

向こうじゃ同じような事件が定期的に起きるけれど、いつにも増して抗議の勢いが凄い。
国を超えてここまで多くの人が声を挙げるって、記憶に無い。

たぶん、自粛明けのタイミングと重なった事でフラストレーションを爆発させてるんじゃないかと。
抗議自体に異議は無いけれど、その行動があまりに過激すぎる。

遺族の方が「平和的に」という訴えを投げかけているにも関わらず、まったくその声が届いていない。

トランプ大統領、こういった時こそやんちゃぶりとか肝っ玉の大きさを見せつけるべきなのに、まさか避難しちまうとは思わんかった。
あげく、州兵を出動って・・・
単なるチキンじゃねーか。

日米揃って、コロナ拡散あたりからトップのなんだかなぁ感が増す一方。
悲しい二人になっちまったなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記


Copyright 2007 MARULOCK All Right Reserved.

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(106)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
CG関連(2)
PC話(7)
玩具(50)
雑記(408)
プロフィール(1)

2020年6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

月別アーカイブ
2020年09月(5)
2020年08月(18)
2020年07月(24)
2020年06月(22)
2020年05月(30)
2020年04月(20)
2020年03月(12)
2020年02月(15)
2020年01月(16)
2019年12月(19)
2019年11月(14)
2019年10月(13)
2019年09月(12)
2019年08月(16)
2019年07月(18)
2019年06月(14)
2019年05月(13)
2019年04月(10)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(16)
2018年12月(14)
2018年11月(8)
2018年10月(3)
2018年09月(7)
2018年08月(9)
2018年07月(7)
2018年06月(6)
2018年05月(6)
2018年04月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(5)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼グレーゾーン業界トラウマ
(2020/9/26 17:06)
▼HDDご臨終
(2020/9/24 20:15)
▼フレームアームズ「ベルクフリンカー」
(2020/9/16 11:08)
▼9月諸々
(2020/9/12 21:14)
▼夏バテ&YF-19肩部パーツ制作
(2020/9/4 12:08)
▼安倍総理&体調管理
(2020/8/30 17:45)
▼比較「YF-19 VF-19」序章
(2020/8/26 03:07)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)