MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

コメント機能は停止中です。

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



パッケージ版ご購入のお客様は
バージョン1.40にアップデートし
て頂けるようお願い致します。
「アップデータ1.40リンク」


同人ゲーム販売サイト

L I N K



政治用語
日本国内の事を日本国内に発信するニュースとして「左派・左翼」「右派・右翼」ってな単語を用いるのはいいんだけれども・・・

他国の大統領選等々の政治ニュースにこれらの単語を用いるのは、なんか違和感がある。

特に右側の思想って国によって千差万別で、アメリカなんかの場合だったら、銃規制の話題があがる度に取り上げられる「アメリカ合衆国憲法修正第2条」にまつわる思想で・・・

「国が俺達の人権や利権を脅かすなら、銃を持って立ち向かうぜ」

ってな考えが保守的なわけでしょ?
日本の保守とは明らかに次元が違う考え方。

それを、何の注釈も無しに「右」の一括で表現しちまっているっていうのが・・・

読み手側の知識の問題って言われればそれまでなんだけれども・・・
にしても、もう少し誤解を生まないような表記というか、丁寧な説明を付加させてもいいというか・・・

というのが個人的な考え。

若い人達が政治や経済に関心を持つための敷居を大人達が下げてやる努力っていうのが必要だと思う。
特に、公的な機関やメディアの人達は。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
コトブキヤ「ガルダギア・ベルーガ」改造5
尾翼の角度と設置位置を調整し、前後向きを変えてみた。



マクロスのVF-171や、実機であるF-22のように、縦横比がコンパクトな多角形的イメージになるよう作ってみた。

ほぼイメージ通りにアウトラインは作れたので、満足。

近々、塗装もしてみる予定。
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
バンダイ HG 1/100 YF-19
マクロス40周年に合わせて新しくスタートしたシリーズが「マクロス HG」との事で、その第一弾としてYF-19が発売発表。

差し替えで三形態変形が可能で、可動域の大きさにもこだわった設計になっているとの事。

この説明だけを読んでいると、既発のDX超合金だとかアルカディアだとかを叩きにしているんじゃねーかって思う人もいると思うんだけれど・・・

見てもらえば分かるんだけれど、どうにもそんな感じじゃない。
兎に角、もっさい。

分かりやすく言えば、最初期のYAMATO製YF-19が一番近い。
バトロイドもファイターも、そっくり。
いや、本当に、DXとアルカディアの雰囲気は微塵も無い。

なんで、こうなったんだろうな・・・
DX超合金を差し替え有りの小型化に、って事で良かった気がするんだけれど・・・

ワクワクしながらバンダイのサイトに飛んだんだけれど、正直ガッカリだった。

来年1月発売って事で、既に画像もアップされちまっているので、大きな修正はありえないもんな・・・

残念だす
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
サッカー日本代表人気低迷
視聴率やスタジアムの集客数などの数字は顕著に低迷を物語っており、印象論などという曖昧な状況ではない模様。

これはもう、仕方が無いよな・・・

だって、Jリーグ発足当時から、日本中のサッカーファンやサッカーメディアがこぞって「マリーシアが足りない」「個の主張が足りない」って喚き立ててわけなんだから。

別に、間違った主張では無く、自立心の低い日本人に対する主張としてはむしろ正しいんだろうけれど、自国のプロサッカーをビジネスとしてシビアに考えた場合、長期的には失敗だったという結果だと思う。

だって、日本人がチームスポーツを観る・応援する理由なんて、「正々堂々」「一致団結」「品行方正」「熱血・根性」、これ以外ありえねぇもん。

サイドビジネスやSNSのフォロー数アップに一生懸命で、個人の主張が強く、グラウンドではずる賢いプレーも厭わない・・・

そんな若いプレイヤーを応援する中高年なんて、超マイノリティでしょ。


さらに言わせてもらうなら、ブラジルを中心にしたサッカー大国でサッカーが人気の理由なんて、貧困と教養の低さによる格差や多様性の無さが原因なんだから、そういった国のサッカーライフやサッカースタイルを真似てどうするんだっていう問題もある。


結局、舵取りを間違えた当時の上層部の責任なんだろうけれど・・・でも、今だからこうして偉そうに言える事であって、当時の判断は難しいよな。
前述の通り、「日本サッカーを強くする」という目的としては間違ってなかったわけだし。

修正しようとすると難しいというか、絶対無理だよな・・・
二十年以上続く方向性で、尚且、強くなる為には間違ってはいないし・・・

今後、どうなるんだろう?
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
今日、ちょっと贅沢しましょう
一人暮らしのサラリーマンでも、家族のご家庭でも、「今日、ちょっと贅沢しましょう」って良くある話だと思うんだけれど・・・

この時に、「じゃあ、今日のメインは牛肉で」ってな流れもあるあるだと思う。

だけれども、それはちょっと待って欲しい。

贅沢をして100g200円とか100g300円のステーキ肉を買ったとしても、言い方は悪いけれど、それは牛肉の「最安部類」なので、よほどの料理スキルがあって、さらにひと手間加えないと美味しい料理にはならない。

でも・・・

普段の100g89円の最安鶏ももから100g158円とか178円の鳥ももにアップグレードした場合、大山鶏等の激ウマブランド鶏肉が手に入る。

絶・対・に・・・その方がお得で、尚且幸せになれる。

しかも、このランクのブランド鶏ももって、余計な手間は加えずに塩と軽めの粗挽き胡椒だけでじっくり焼けば、最高の料理になる。

んで、ビールなんかにも合うし。

ぜひ、若いサラリーマンや旦那さんは、試してみて欲しい。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
ガルダギア・ベルーガ改造4&EG νガンダム
めちゃくちゃカッコイイ。
これは、かなり興奮した。


RGも驚きだったけれど、アレは、最先端プラモ技術に触れた驚きと感動だった。
だけれども、今回はνガンダムリアタイ世代の憧れがそのまま最高の形で体現されている事への驚きと感動だった。

これが、ガンダムの究極系というか・・・
細マッチョが体だけで勝負している感が最高だ。

RGに比べて精悍さの増した頭部も個人的には好みで良い。
RGは、ちょっと丸みが帯びていて精悍さに欠けていた。

いやぁ、しっかし・・・

異様に張り出した肩アーマーもなく
根本が心配になるような巨大なバックパックもなく
股関節が心配になるような巨大な下腿バーニアもない

ザ・シンプル細マッチョ。
ザ・ガンダム

最高だ。

そして、これが約千円で買える。

元祖300円や色プラからの進化に、改めて感動。
素晴らしいよ。バンダイさん。



修正・改造完了

こうして見ると・・・尾翼はもう少し立てられるように可動軸を工夫すれば良かったかも。


改造パーツは、バトロイド時にはバックパックに該当する箇所となる。
従来パーツよりもマッシブになっている分、存在感が増して良い感じ。

各形態での干渉や変形時の邪魔なども無いので、現状は納得。
でも・・・前述の尾翼はちょっと調整するかも。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
バナナマン話
二週前のバナナムーン
「予約した隠れ家イタリアンに結局オーナーが来なかった」話
これが、ずっとジワジワとツボっていて、一日一回はリピっている。

聞けば聞くほどに、日村の言う「この話は開くじゃん」が面白い。



若かりし頃のバナナマンと嵐の共演が面白い。
VS嵐の緩いトークがすげぇツボる。

櫻井も言っているけれど、この頃のバナナマンが、嵐との共演者の中では一番違和感が無い。

そう考えると、ずっとアイドルグループの兄貴をやっとるな。この二人。


ももクロ
乃木坂

なかなか、そうそうたるメンツだ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
介護タクシー
入院している身内がリハビリメインの病院に転院する為、人生で初めて介護タクシーに乗車したんだけれど・・・

ベースがアルファードだったんで、めちゃくちゃ快適だった。
人の運転する車で酔わなかったのって、本当に久々だ。


んで、やっぱり初めての介護タクシーに興味津々なので、同年代と思しき運転手さんに色々と話を聞いてみた。

通常のタクシーとの違いとか、需要の安定性とか、車体の初期投資とか、結びつきの強い病院のアレコレとか。

とりあえず、元の入院先にお礼の品を渡そうかどうか聞いてみたら、コロナ云々に関係なく、今はほとんどの大手病院はそういった事は禁じられているとの事だった。

簡単な菓子折りとか、その程度でもアウトとの事。
特に、身内が入院していた病院は厳しいらしく、受け取れば処罰対象。

「へぇ〜・・・白い巨塔みたいな世界は、遠い昔ですね」

なんて呟いたら、「その通りですよ」なんて返答が。


俺ら世代だと、タクシー業界の参入増加に伴う不景気なんて社会問題も体験しているので、そのへんの事情も聞いてみたら、やっぱり、初期投資の大きさはネックだけれども、安定した顧客(病院)がある介護タクシーはそのへんは強いってな回答が。

その運転手さんが勤めているタクシー会社は、社長さんがかなりまともな人らしく、一般的な業務時間範囲内で仕事が終えるように取り計らってくれているとのことで、仕事負担的にも一般的なタクシーよりは楽らしい。

一時期、「タクシー運転手に密着」なんてテレビ特集も多かったけれど、あぁいった24時間働けますか的な過酷な状況は、味わった事が無いらしい。

ただ、その分ハードなのが「肉体労働」の部分で、病院以外の個人宅に呼ばれた場合などは、二階や高層階から患者を降ろす必要があったり、その患者の身内も高齢者なので頼れなかったりと、臨機応変に重労働をこなさなければならないとの事。

まぁあとは、一般的なタクシー業界も同じだけれども、人の入れ替わりが激しい中で、結局は、「車の運転が好きな人」が残っていくらしい。

その運転手さんも、運転自体が楽しいので、仕事が辛いだとかは一切思わないとの事。

その他、一般的なタクシーとの料金体型の違いとか、車体の車検期間やらとかも聞いてみた。

いやぁ、面白かったよ。

会話の妙も含めて、いい運転手さんだった。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
HALOシリーズ
投稿内容にちと疑問を感じたので、大幅修正。

インフィニットのキャンペーンストーリーが個人的にイマイチだったので、それについてつらつらと。

「半端な正規シリーズもの」
正当な「6」ではあるようなんだけれども・・・原点回帰的なテーマを掲げてビジュアルや戦闘システムが修正されているのはまだいいんだけれども、ストーリーまでもが「リセット」に近い状態になっており、これが、個人的には失敗なのではないかと。

洋物大作エンタメだと、「007シリーズ」や「マーベル物」のようにリセットが上手くいく場合はあるけれど、「ターミネーター」や「エイリアン」のようにリセットが失敗する例もある。
インフィニットの場合は、後者のような気がする。

「リセット・スパルタン」
4・5では、作中の経過年月に合わせてスパルタンシリーズが増加配備されている感があり、実際、マスターチーフとは別のスパルタンを操作する形になっていた。
その活躍も見事で、「あぁ、人類側も強くなったもんだ」感があったんだけれども、インフィニットではマスターチーフを除くスパルタンは冒頭段階で全滅に近い形になっており、その後の活躍も無い。

「リセット・インフィニティ」
UNSC最大級戦艦であり、4・5において苦楽を共にした人類最大戦力だったが、これまた冒頭で脳筋軍団にあっけなくやられてしまう。
あの副官(後に館長)君や、5で共に戦ったスパルタン達だって、乗っていた仲間は多いだろうに・・・

「リセット・敵キャラ」
ちょっと風呂敷広げすぎた感はあったけれども、それでも、壮大さや神秘的な謎を内包した敵キャラや設定は大きな魅力の一つだった。
けれども、そんな敵キャラは今回一切出てこなくなり、前作で捌ききれなかったガーディアンは微塵も触れない状態に。
今回のメインは、脳筋ブルートを軸にしたコブナント離脱組のヤンキー達。
SF的魅力が無いとまでは言わないが、もはや飽き飽き感が・・・

「リセット・コルタナ」
リセットとまでは言わないが・・・4・5で中軸を担った暴走コルタナだったが、その結末や結末に至る最重要過程に関しては、プレイヤーが関知しないダイジェスト展開に。
その内容もイマイチ納得がいくようなものではなく、なんだかなぁ感が凄い。
今作の一番のモヤモヤポイント。
加えて、4・5で散々喚き散らかしていた生みの親の博士も、今回は一切姿を見せず。

とまぁ、他にも諸々あるんだけれど・・・
主だったストーリーの不満点はこんな感じ。

リセットが失敗した洋物大作エンタメで復活した例って無い気がするので、ちょっと不味いんじゃねーかって気がしている。

どうするんだろう?
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
岸田総理大臣
岸田さん、日に日にしょぼくれて元気が無くなっていくな・・・

眼力とか背中とか言葉の覇気だとかが顕著な点だけれども、こういった時、岸田さんに限らず不思議なのは、髪の生え際なんかもスカスカ感だとかヨレヨレ感が漂うようになるんだよな。


安倍さんもそうだったけれど、この世代の政治家一族出の人達は、上の世代の森、麻生、小泉といった人達に比べると明らかに図太さが無い。

よく言われている事だけれども・・・お坊ちゃん。まさにその印象。

人の善し悪しだとか政治家としての手腕を論じる以前に「頼り甲斐」みたいなもんに疑問を抱いてしまう。

後手後手に回っている旧統一教会の問題に関しても、状況判断の良し悪し以前に、安倍さんの国葬をフライング公表しちまった事が世論爆発の原因になっているのは間違いが無いので、なんだか、自爆感が強い。

国葬は、前述の上の世代からのプレッシャーはあったんだろうけれど・・・やるやらないはともかくとして、公表タイミングや公表方法に関しては、もう少し粘って工夫をした方が良かった気がする。

そこが、下の世代としての矜持や腕の見せ所なんだろうし。


二代続けて体調理由で退陣する・・・なんて事になったら、それこそメディアの餌食だと思うので、そこはなんとか踏ん張って欲しい。

正直・・・昭和的価値観かもしれないが、個人的にもそれは大恥だと思う。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
中村俊輔、引退
自分が、サッカー観戦を楽しめていた時代のヒーローの一人。

この人のせいで、「フリーキックは大チャンス」だと錯覚してしまった人は多いのでは。

今思えば、セルティック時代をリアルタイムで観戦出来たのは僥倖だったよな。

現役生活、お疲れ様でした。
楽しませてくれて有難う。



そういや、今年からMLBのクリーブランド・インディアンズがクリーブランド・ガーディアンズに変更されたとの事。

プレーオフ進出のニュースで見慣れない名前が出てきた事がきっかけで知った。

映画「メジャーリーグ」が直撃の世代としては寂しいけれど、随分と前から問題にはなっていたし、昨今の世界的社会情勢を鑑みれば、妥当な流れかと。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画 中川海二「DYS CASCADE」
オンライン麻雀で久々に二盃口であがった。
確か、2回目。

役満並に難しいよな・・・
コスパ悪い。



「ROUTE END」の著者である中川海二さんが新作の「DYS CASCADE」を連載されている。

前作も新作もサスペンス物で、若干ファンタジー要素があるんだけれど、警察や人物描写がリアルで面白い。

大宗教絡みの台詞や設定が出てこないのも嬉しい。

今後の楽しみが増えた。



久々にGYAOで「ディープ・ブルー」を観た。

20年以上前の作品で、特殊効果やCGに古臭さはあるんだけれど、パニック映画としては最高に面白い。

当時も今も、こちらの予想や期待をガンガンに裏切っていく展開がたまらない。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
残念・・・
せっかく改造した肩アーマーだけれども・・・
飛行形態時、微妙にパーツの収まり具合が悪く、原因を調べたら、改造時に自己造形したパーツが問題だった。

なので、バラして造り直す事に。


可動軸部を基点にバラせたのが不幸中の幸い。
部品発注やらをしないで済むし、作るパーツもそれほど多くはない。
なんとか、やる気は維持出来る範囲内。

気合だ。



そういや、愛読しているスポーツ漫画は前日記載の2つの他にもジャイキリがあったよ。

やだね。

記憶力不足が原因で話の整合性が取れない人間の事を哀れんで批判していたのに、この有様だよ。

これから、どんどんこういった症状が増えていくんだろうな・・・

老害万歳。
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
「ダイヤのエース」「Be Blue!!」
マガジンの「ダイヤのエース」
サンデーの「Be Blue!!青になれ」

それぞれの看板スポーツ漫画が連載終了との事。

「Be Blue!!青になれ」は打ち切り感のある駆け足な展開だったので、そこが非常に残念。
シーズン2みたいな展開も期待していたけれど、それは無さそう。
ラブがらみの伏線は、全部投げ捨てジャーマンだったな・・・

「ダイヤのエース」の方は、予定通りなんだろうか?
切りの良い所で終わっているし、最後の戦いも丁寧に描かれていた。
ラスト2話が、どういった展開になるのか。
プロ入り後のエピソードとか?

ここ数年、リアルのスポーツ観戦をする機会も激減し、スポーツ漫画を読み漁る事もほとんど無くなった。
アスリートに対する美化が無くなり、アスリートの活躍に夢を描くような事が無くなったせいだろう。

そう考えると、この2作品が最後の愛読していたスポーツ漫画になりそうな気がする。

昔は、野球観戦やサッカー観戦を馬鹿にしていたおっさんを哀れだと思っていたが、自分がおっさんになってみると、まぁ、言っていた事が大体理解出来るようになってしまう。

悲しい話だ。

  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
物価
久々に、高円寺・阿佐ヶ谷のお馴染みルート以外のスーパーに寄る機会があったんだけれど・・・

高い。高すぎる。

発泡酒ビールが税抜140円とか、メバチマグロが100gあたり税抜350円とか、里芋が300円とか、国産豚バラスライスが100gあたり税抜228円とか・・・その他諸々、全般的に狂った値段になっとった。

以前からこういった価格設定なのか、それとも、昨今の物価高騰による影響なのか・・・

結局、何も買わないままカゴを戻して出てきた。

あの価格設定のスーパーを日常的に利用していたら、エンゲル係数が恐ろしい数値になりそうだ・・・


改めて、高円寺や阿佐ヶ谷の有り難みが骨身にしみた。
素晴らしいよ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
玩具話諸々
ヘキサギア新作のブイトール、すげぇ売れとるな。
発売前に公式アナウンスで「過去一」の売上とは発表されていたけれど、どこも完売状態でプレミア価格になっとる。



渋谷に用事があったので、ついでヤマダ電機に寄ってタミヤプラ棒とかを買おうと思っていたんだけれど、タミヤプラ関連の品揃えとかめちゃくちゃ中途半端で、目的の物は売っていなかった。

コトブキヤ関連も全然置いてないし・・・その割には、売り場のスペースはスカスカだしで、プラモ売り場の方向性が全然分からんかった。

まんだらけにも寄ってみたかったんだけれど、場所が分からんかった。
こういう時、スマホをネットに繋がない主義の弊害が出る。



RGのHi-νガンダムが普通に売っている状態になっている。
増産しまくり作戦が、とうとう転売君達に勝利した結果かな?

俺個人は転売君に対して悪いイメージを持っていないんだけれど、大抵のプラモデラーは最悪の敵としてみなしていると思うので、さぞ溜飲を下げたのではなかろうか。

今後、ガンプラの生産体制はどうなるんだろうな。
今回の事をキッカケに、増産方針が続くんだろうか?
  
コメント(0) / トラックバック(0)玩具
ガルダギアとか運動不足とか
9月25日にヤフーショッピングの決算セールみたいなもんがあったので、追加でガルダギア・ベルーガを買っておこうかと思ったんだけれど・・・

これ、一応は「シリーズ」としているようなので、今後、同じコンセプトの商品が出るような感じになっている。

特にコトブキヤさんの場合、色違いや追加装備のバージョンといった商品を短期間で投入する事が多いので、それを待った方が良いのでは・・・と思い、我慢する事に。

ザ・貧乏性だよな。

32%も還元されるんだから、買えばいいのに。



入院した身内の世話の為、久々に定期的に電車に乗る&歩く・・・といった行動をしている。

もうほんと、その疲労感や汗の量たるや・・・

学生時代やリーマン時代が信じられない。
よくまぁ、明治通りを1日に2往復とか、満員電車往復2時間+駅から職場までダッシュとか、よくやってたよ。

学生時代はともかくとして、リーマン時代の通勤はなぁ・・・
ストレス溜まるわけだよ。
ガチで、人間のやる事じゃない。

とはいえ、今の体たらくぶりを考えると・・・

あの頃の辛さを思い出しながら、トレーンング強度を上げて頑張ってみようか。
下腹、また出てきたしな・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
是正の余剰エネルギー
以前にも触れたけれど、個人間の問題や一製品の不具合などとは違い、社会的な、それこそ世界全体で共通認識されている問題を是正しようとすれば、ズレの無い最適なエネルギーで是正を行う事なんて絶対に出来ない。

で、その誤差は、確実に「足りない」方向ではなく「余る」方向に傾く。
なぜなら、その是正行動に反対しようとする懐古主義等々の人達が大勢いる為、その人達を「叩き潰す」勢いが必要だから。

今現在のハラスメントに対する社会的な攻撃がまさしくその状況で、明らかに、行き過ぎの行為が多い。

「言葉狩り」や「晒し」などは、そういった行為の一貫だと思う。

だけれども、前述の通り、従来の「世界全体の過ち」を是正する過程に生じている「誤差」なので、当面の間は受け入れていくしかない。

根本の問題である「ハラスメント」が一定ラインまで是正されれば、今度は「誤差」を修正しようとする動きが出てくるはず。

そもそも・・・

元々の問題である「ハラスメント」によってどれだけ多くの人が、どれだけ甚大な被害を受けてきたのか・・・という事をきちんと考える事が出来るのならば、今現在の「誤差」など、文字通りの「誤差」である事を理解出来るはず。

自分の今までの「考え方」「生き様」、特に社会的成功者が「築き上げた物」を否定されるのが辛いのは理解出来るけれど・・・

なぜ、否定されているのかを一旦立ち止まって熟考してみないと、不幸な晩年を迎える事になりそうな気がする。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記


Copyright 2007 MARULOCK All Right Reserved.

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(107)
制作物攻略・ヒント(1)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
CG関連(2)
PC話(11)
玩具(153)
雑記(718)
プロフィール(1)

2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月別アーカイブ
2023年02月(3)
2023年01月(16)
2022年12月(23)
2022年11月(23)
2022年10月(18)
2022年09月(16)
2022年08月(22)
2022年07月(19)
2022年06月(11)
2022年05月(16)
2022年04月(16)
2022年03月(13)
2022年02月(11)
2022年01月(18)
2021年12月(9)
2021年11月(17)
2021年10月(17)
2021年09月(12)
2021年08月(12)
2021年07月(9)
2021年06月(10)
2021年05月(19)
2021年04月(19)
2021年03月(18)
2021年02月(13)
2021年01月(13)
2020年12月(7)
2020年11月(11)
2020年10月(7)
2020年09月(6)
2020年08月(18)
2020年07月(24)
2020年06月(22)
2020年05月(30)
2020年04月(20)
2020年03月(12)
2020年02月(15)
2020年01月(16)
2019年12月(19)
2019年11月(14)
2019年10月(13)
2019年09月(12)
2019年08月(16)
2019年07月(18)
2019年06月(14)
2019年05月(13)
2019年04月(10)
2019年03月(15)
2019年02月(14)
2019年01月(16)
2018年12月(14)
2018年11月(8)
2018年10月(3)
2018年09月(7)
2018年08月(9)
2018年07月(7)
2018年06月(6)
2018年05月(6)
2018年04月(3)
2018年02月(3)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(5)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼腕時計修理
(2023/2/5 19:29)
▼迷惑行為、バカッター、不寛容
(2023/2/3 17:20)
▼かかと荷重スクワット
(2023/2/2 18:47)
▼HDD交換&例の芸人話
(2023/1/30 15:58)
▼ガルダギア改造、メイレスビャクチ塗装
(2023/1/27 18:01)
▼マイナンバー公金受取口座登録
(2023/1/25 21:51)
▼あおり運転とか
(2023/1/24 22:50)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)