MARULOCK
自己紹介

名前 湯喜乃湯(ユキノユウ)
性別 オス
生息 東京都
趣味 3DCG
道具 LightWave PhotoShop

本館サイト。
同人製作の詳細はこちら
「MARULOCK」

ご連絡はこちらまで
yuki★marulock.com
★を@に変えて下さい。

このサイトはリンクフリーです。


製作物



パッケージ版ご購入のお客様は
バージョン1.40にアップデートし
て頂けるようお願い致します。
「アップデータ1.40リンク」


同人ゲーム販売サイト

L I N K







小説「防犯探偵・榎本シリーズ」
貴志祐介さんの防犯探偵・榎本シリーズの新作「ミステリークロック」が昨年10月に発売されていたのに今更気づいた。
これから買って読むのが楽しみなんだけれど、2012年にドラマ化されたシリーズの続編が作られるかもってな楽しみも。

あのドラマ、大野智の榎本がものすげぇハマっていたので、めっちゃ面白かった。
佐藤浩市さんや戸田恵梨香とのコント的なシーンもツボだったなぁ。
今でも録画を残していて、定期的に見てる。

そういや、大野智がライブで見せるソロが昔から好きで、初期のRainやらTop Secretなんかも随分とリピートしたんだけれど、2015年に見せた「暁」の中毒度が過去マックスで相当ヤバイ。
その前の「Hit The Floor」もかなりツボったけれど、「暁」はそれを超えた。
一日一回は見ないと気がすまない感じ。

面白いよなぁ、大野智。
あんなに多才だと、人生楽しいだろうなぁ。
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
漫画「彼方のアストラ」
大団円だったなぁ
もうね、全要素が面白かったけど、SFミステリー部分の引力といったら!!
連載中、隔週の土曜日が本当に待ち遠しかった。

連載終了後にジャンプやヤンジャンで再掲載するって手はないんかな?
こういった作品こそ、多くの人に見てもらうべきだと思うんだけれど・・・



例のVF-31
カラーリング的にはガチで気に入っていて、本当に素晴らしい。
先だってこのカラーを公開してくれた元モデラーさんには感謝。

金があれば、DX超合金をこのカラーにしちまうっていう手も・・・
いやぁ、解体が必要になるんだろうけど、ビビって出来ないだろうなぁ。


  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
新年のご挨拶
昨年中はお世話になりました。
いや、ほんと、肝心の制作物が全然進まない年だったので・・・

花粉症を理由にサボっていたらサボりグセがつき、その後はVF-19 ADVANCEの3Dモデリングにはまり・・・ってな流れが良くなかったな。
反省せんと・・・

本年も辺境製作サイトを宜しくです。



先日のVF-31プラモ作りを総括したどうでもいい長い雑記です。スルー推奨。



久々にプラモ作りをしていて、ガキの頃にプラモ作りから遠ざかってしまった原因をハッキリ思い出した。

ザ・壊れるから。これに尽きる

控えめに言っても「せっかち」「落ち着きがない」ってな性格で、もっと言えば「馬鹿」だったので、時間をかけて作ったものを飾ってじっくり眺めるって事で満足出来る性格じゃなかったんですわ。

こう、作ったものを机の上にもってきて、色々妄想しつつ、ニヤニヤしつつ、ガンガンいじくり回してしまう性格だった。
調子が良ければ、小一時間ぐらい。

で、最終的には妄想の中でRX-78がゲルググに撃たれたりすると、裁縫針をライターで炙ってシールドやらなんやらを貫いてしまうっていうね。馬鹿でしょ?

でも、「壊れる」っていうのはそういう事ではなくて・・・
そういう妄想馬鹿の一番キライな状況っていうのがね、自分の意図しないハプニングで、ガンガンいじってるうちに関節が「ポキッ」とかね、そういう事なんですよ。

例えるなら、アニメのバトルシーンが途中で終了してしまうみたいな。分かる?

でも、そんな感じでいりじまわしていたら、繊細なプラモが壊れないわけがない。
当然、ガンガンお陀仏ってしまう。
なので、中学生ぐらいの時に「金がいくらあっても足りん」みたいな感じで辞めた事を思い出した。
多分、最後に作ったのはSガンダムだったと思う。

どうもね、今回のVF-31を作っていても、楽しいながらもちょっとモヤモヤしたものを感じていたのは、この辺の馬鹿的性格が原因だと思う。
ようは、作り終わった後にガンガン遊べるかどうかを作りながらも考えとるんですわ。
で、このVF-31とかを見てるとね、明らかに遊べる作りではない(メーカーさんすみません)。
今回の塗装ミスによる破損を抜きにしても、各関節や繋ぎ部分がめちゃ繊細で、妄想馬鹿の一人遊びに耐えられる強度が無い。
特に、変形時に「ロック」や「伸縮」といった動作を行う箇所に関しては、強度的にいったい何回行えるんだろう・・・ってな感じ。

作ってて楽しかったけれど、制作後の楽しみが味わえないってなると、DX超合金を買ってしまった方がいいような気がする。
設計サイズを逆転して、プラモを1/48ってなぐらい大型化し、関節部の強度をあげてくれれば、プラモを買うメリットはあると思う。
そんなサイズの変形マクロスプラモを出してくれるなら、ぜひ買いたいッス。

しかし、VF-25以降のVFは腰部のくびれが半端ないな・・・
可変戦闘機って妄想の極みだから、あんまアレコレ言うのは野暮なんだろうけど、あそこまで細いとちょっと冷めてしまうものがあるな・・・
  
コメント(0) / トラックバック(0)雑記
<<以前の日記        次の日記>>

Copyright 2007 MARULOCK All Right Reserved.

ブログ内検索

カテゴリー
企画制作録(100)
CG関連(1)
PC話(3)
ツクール素材(2)
ツクール素材・利用規約(1)
雑記(69)
プロフィール(1)

2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

月別アーカイブ
2018年02月(1)
2018年01月(5)
2017年12月(7)
2017年11月(6)
2017年10月(3)
2017年09月(5)
2017年06月(1)
2017年05月(1)
2017年04月(2)
2017年03月(6)
2017年02月(4)
2017年01月(4)
2016年12月(5)
2016年11月(5)
2016年10月(4)
2016年09月(6)
2016年08月(6)
2016年07月(6)
2016年06月(6)
2016年05月(2)
2016年04月(4)
2016年03月(4)
2016年02月(5)
2016年01月(7)
2015年12月(3)
2015年11月(3)
2015年10月(2)
2015年09月(4)
2015年08月(6)
2015年07月(4)
2015年05月(5)
2015年04月(3)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(11)
2014年12月(3)
2014年11月(1)
2014年10月(2)
2014年09月(1)
2014年08月(6)
2014年07月(3)
2014年06月(1)
2014年05月(3)
2014年04月(5)
2007年09月(1)

新着アーカイブ
▼ファイブスター物語とかフレームアームズとか
(2018/2/13 21:56)
▼製作とか諸々
(2018/1/27 01:30)
▼クリストファー・ノーラン
(2018/1/13 16:16)
▼小説「防犯探偵・榎本シリーズ」
(2018/1/12 19:28)
▼漫画「彼方のアストラ」
(2018/1/3 02:33)
▼新年のご挨拶
(2018/1/1 23:40)
▼VF-31S アラド・メルダース機製作 強制終了
(2017/12/31 05:16)

新着コメント
▼ツクール 画像での文章
by 湯喜乃湯 (12/20)
▼ツクール 画像での文章
by BB (12/18)
▼敵グラフィック
by 湯喜乃湯 (09/10)
▼敵グラフィック
by BB (09/10)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by BB (05/06)
▼モミジが遺跡を登ります1.40
by 湯喜乃湯 (05/06)